港北区版 掲載号:2014年10月16日号 エリアトップへ

〈連載〉さすらいヨコハマ【3】 フェンスの中のアメリカ 大衆文化評論家 指田 文夫

掲載号:2014年10月16日号

  • LINE
  • hatena

 1982年3月31日、本牧住宅地区で返還式が行われた。あいさつ、文書調印が終わり、星条旗が降り、日の丸がへんぽんと翻るはずだったが、旗はロープに絡まり、ズルズルと上がった。式は完璧ではなかったが、再開発は順調に進み、米軍住宅の痕跡は、本牧荒井のセントラル・ヒーティング施設跡の煙突だけ。

 この『フェンスの中のアメリカ』はフェンスの向こうのアメリカの姿を収録した貴重な本である。

 1982年春、タウン誌『はまっ子』の編集長・渡邉光次は、住民から膨大な写真を入手する。写っていたのは、米国の、今私たちが享受している豊かな消費生活だった。ここから二つのことがわかる。一つは1940年代に米国の経済社会が確立されていたこと、さらには戦地でも本国と同じ日常生活とビジネス・スタイルで戦闘する米の戦争観である。それは乏しい軍備を人力で補い、異常な精神力で戦う日本との違いである。また、マーク・ハミルも在学していたというヨコハマ・ハイ・スクール「YO(ヨー)・HI(ハイ)」では、週末にクラブでダンス・パーティーが行われていた。その出場バンドが、日本のG・Sのメンバーになった経緯は、最初の記述である。

(文中敬称略)
 

9/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港北区版のコラム最新6

創意は無限、技術に心有り

港北区企業レポート【4】 区内の横浜北工業会役員のものづくり企業を紹介します。

創意は無限、技術に心有り

三吉工業株式会社

11月14日号

15年ぶりVへ視界良好

15年ぶりVへ視界良好

攻撃陣爆発、4連勝

11月14日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月14日号

悲願Vへラストスパート

悲願Vへラストスパート

9日(土)、三ツ沢で札幌と激突

11月7日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く

カジノは負の経済効果

11月7日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く

都心臨海部の起爆剤に

IRと横浜

10月31日号

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク