港北区版 掲載号:2014年12月4日号 エリアトップへ

〈連載〉さすらいヨコハマ【4】 吉野町に料亭があった 大衆文化評論家 指田 文夫

掲載号:2014年12月4日号

  • LINE
  • hatena

 「料亭政治」という言葉があった。明治時代、政治家が新橋の料理屋で会合したことが始まりだそうだ。

 1970年代まで、自民党各派閥の会合に赤坂の料亭が使われ、それを題材とした映画『赤坂の姉妹・夜の肌』(監督・川島雄三、1960年)もあり、「世界のニナガワ」(蜷川幸雄)も端役で出ている。

「日本橋」と呼ばれ

 横浜にも料亭はあった。旧東海道筋の青木橋と横浜駅西口の台町、関内にも数軒あり、根岸と磯子の海岸にもあった。さらに、南区の吉野町や新川町にもあったというと驚くだろう。実際に運河に架かっていた日本橋とは少し異なる場所だが、日本橋と呼ばれ、結構有名な料亭エリアだった。

会計基準国際化の余波

 ではなぜ、横浜の料亭がなくなったのだろうか。マスコミの「官官接待」の批判などもそうだが、最大の原因は、「会計基準のグローバル化」によって、中小企業でも、自由に接待交際費が使えなくなったことである。港湾など、横浜のオーナー企業社長でも、料理屋を自由に使えなくなった時、料亭街の終焉が来たと言えるだろう。

(文中敬称略)
 

9/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港北区版のコラム最新6

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表

推進前提に意見公募

IRと横浜

3月26日号

ネットから「119番」

横浜市

ネットから「119番」 社会

聴覚障害者ら通報容易に

3月5日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者

懸命のアピール合戦

IRと横浜

3月5日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月27日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る

「カジノなしでも人は来る」

IRと横浜

1月30日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

12月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク