港北区版 掲載号:2016年11月17日号 エリアトップへ

港北区 紙芝居を保育園に配布 地域の昔話、次世代へ

文化

掲載号:2016年11月17日号

  • LINE
  • hatena
昔ばなし紙芝居を紹介する区職員(上)。紙芝居の読み聞かせグループ「たまてばこ」は区内各地で披露している。
昔ばなし紙芝居を紹介する区職員(上)。紙芝居の読み聞かせグループ「たまてばこ」は区内各地で披露している。

 港北区は、地域に伝わる昔ばなしを次世代に伝え残すため作成した紙芝居を11月1日から区内の市立保育園全5園に配布、子どもたちから好評を得ている。

 この紙芝居は、2014年度から区が行ってきた生涯学級の「紙芝居講座」に参加した人たちが、区内に伝承される昔ばなしを基に作成したもの。14年度は9作、15年度は12作完成させている。活動は広がりを見せ、参加者が自主的に「たまてばこ」という読み聞かせグループを結成、地域の子どもたちに披露もしている。今回区は、こうした活動を踏まえ、大曽根、菊名、港北、南日吉、太尾各園に紙芝居を配布した。

 物語は区内を舞台としたものばりで、1例として紹介すると、「熊野神社のともだち鯉」は、同社にある「い」の池に住む片目の鯉が子どもたちと友だちになって仲良く遊ぶという、可愛らしい内容だ。

 また、この紙芝居は郷土愛を深めることを目的に一般への貸し出しも行っており、周囲の私立保育園などから既に問い合わせも寄せられているという。

 紙芝居を聞いた園児の一人は「お散歩の途中で通るまちの名前がでてきて、ビックリした。面白かったです」と笑顔を見せていた。

 大曽根保育園の竹林地早苗園長は「この紙芝居を手に取った時、絵から伝わる”ぬくもり”を感じました。

身近な地域に伝わる昔話に触れられて嬉しい。園児と一緒に楽しみたい」と話していた。

港北区版のローカルニュース最新6

楽しみ重ねて歳も重ねて

菊の懸崖(けんがい)、作り続けて

菊の懸崖(けんがい)、作り続けて 文化

90歳の現役農家、横溝さん

9月23日号

美術工芸グループ展

美術工芸グループ展 文化

9月25日〜篠原北で

9月23日号

愛称は「日吉の本だな」

新図書取次所

愛称は「日吉の本だな」 社会

投票で決定

9月23日号

9月9日〜15日の認知件数、自転車盗が6件

【Web限定記事】港北署管内

9月9日〜15日の認知件数、自転車盗が6件 社会

4件が施錠中

9月23日号

特別展示販売会『美しき光の世界』が開催中

【Web限定記事】写真家・瀬尾拓慶さん

特別展示販売会『美しき光の世界』が開催中 文化

横浜高島屋で9月28日まで

9月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook