港北区版 掲載号:2017年3月9日号 エリアトップへ

災害時の支援を強化 港北区災害ボランティア連絡会

社会

掲載号:2017年3月9日号

  • LINE
  • hatena
地図を使ってシミュレーション訓練
地図を使ってシミュレーション訓練

 実際に震災が起きてしまったら-。

 「港北区災害ボランティア連絡会」は、災害発生時に災害ボランティアセンターを設置し、地域住民と全国から集まったボランティアとともに減災や被災者支援を行う団体。登録団体は区社会福祉協議会、区役所、地域子育て支援拠点どろっぷなど、約20団体ある。

 実際に震災が起こった時は、まず社協内に災害ボランティアセンターを設置。そこから区内の被害状況や各地から訪れたボランティアの人数を把握する。さらに足を使って各避難所や在宅避難をしている人に声掛けをし、同センターを周知。その上で要望を聞き取ってボランティアを派遣する。

 また、市、区の境までボランティアニーズをきめ細やかに集め、支援を行き届かせるために、支部の設置も検討している。そのスタートとして昨年には太尾防犯拠点センターを使った支部設置の訓練が行われた。

研修や訓練も実施

 同会では東日本大震災や各地の豪雨災害を教訓に、平常時には一般市民も参加可能な研修や訓練も行っている。過去には宮城県七ヶ浜町の社協職員からボランティアセンターの立ち上げや運営に関する課題を聞くワークショップ、火を使わず温かい食事を作る方法など、災害時の食事を体験する災害食セミナーなどを行いあらゆる観点から災害の対処法を習得。いざという時のために減災の知識を身に付け、地域のつながりを密にすることで、自助・共助の強化を図っている。

 宇田川規夫副会長は「避難所に行けば何とかしてもらえるというのは幻想です。対策の基本は自宅での備えと近隣との助け合い。自助・共助を意識しましょう」と話す。

非常食を試食
非常食を試食
座学でも減災を勉強
座学でも減災を勉強

港北区版のローカルニュース最新6

地域に新たな名産を

地域に新たな名産を 社会

「ひよしれもん」お披露目

9月16日号

女性起業家を紹介

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

音楽の灯、絶やさぬよう

音楽の灯、絶やさぬよう 文化

日吉でクラシックライブ

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

南国果物を販売

南国果物を販売 社会

横浜市庁舎で9月16・27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook