港北区版 掲載号:2018年1月4日号
  • googleplus
  • LINE

「横浜から世界へ」 電動車椅子サッカー

スポーツ

 電動車椅子サッカーの魅力を広め、地域社会の障害者スポーツに対する理解度を深めることを目的とした『横浜F・マリノスカップ 電動車椅子サッカー大会〜パワーチェアーフットボールinヨコハマ〜』は12月23・24日、障害者スポーツ文化センター横浜ラポールを会場に行われ、熱戦が繰り広げられた=写真。主催は横浜マリノス(株)。

 電動車椅子サッカーは、スパイクの代わりに”フットガード”と呼ばれるガードを車椅子の足元に装着し、直径32・5センチのボールを使用する競技。電動車椅子の最大時速6Kmと10Kmの2つのカテゴリーに分けて実施された。

 6Kmには「神奈川連合チームグレイズ」「BLACK HAMERS」(埼玉県)「Safilva」(北海道)「ウルトラForce」(東京都)がエントリー。また、10Kmには「FCクラッシャーズ」(長野県)「Yokohama Crackers」「ヨコハマU―20」「YOKOHAMA BayDream」が出場した。

 今大会のキャッチコピーは「私の世界を変えた電動車椅子サッカー。これから私が世界を変える」。また、15回目の節目を迎えた今大会から「横浜から世界へ!」という大会スローガンを設定された。

 大会では6KmでBLACK HAMERSが大会2連覇を達成。10KmではYokohama Crackersが優勝を果たした。

4/27家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6件

THESALE22日まで開催中

新しいインテリアで新生活を快適に過ごすためのセール!

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク