港北区版 掲載号:2018年11月1日号 エリアトップへ

日吉台中 市大会で3人入賞 人権作文コンテスト

教育

掲載号:2018年11月1日号

  • LINE
  • hatena
コンテストで入賞した(左から)磯さん、原田君、栗屋さん
コンテストで入賞した(左から)磯さん、原田君、栗屋さん

 横浜市人権啓発活動ネットワーク協議会と横浜市教育委員会が主催の「第38回全国中学生人権作文コンテスト横浜市大会」の受賞者がこのほど発表され市立日吉台中学校では3人が入賞した。

 同コンテストは次代を担う中学生が、人権問題について作文を書くことを通して人権尊重の重要性について理解を深めることを目的とし、139校、約5万6千編の作品が集まった。

原田君、県で「金」

 最優秀賞の一つ「横浜F・マリノス賞」に輝いたのは原田素希君(1年)。県大会でも金賞を受賞したが「まさか取れるとは」と照れ笑い。作文は小5から始めた将棋での礼節をテーマに書き上げた。「勝っても喜び過ぎないのが相手へのマナー」と語る。「今後の対局でも礼儀を大事にしたい」と笑顔を見せた。

 栗屋遥さん(2年)は優秀賞を受賞。「嬉しかった!」と満面の笑みで振り返った。作品は、聴覚に障がいのある自身の母親が読唇術を使って子育てをしてきた努力を描いた。母や障がいのことを多くの人に知ってほしいという思いを込めたという。「母のために、もっと手話をできるように頑張りたい」と力強く意気込んだ。

 小学生時代の担任教師について書いたのは磯優笑さん(1年)。視覚障がいを個性と捉えて前向きに生きる恩師の姿を描き入賞を果たした。クラスメイトからは称賛されたというが、「もっとうまく書けたはず」とちょっぴり悔しそうな表情も。今後は「(高齢者や障がい者に)席を譲るなどできることを実践していきたい」と微笑んだ。

 「3人とも普段から優しくてしっかり者」と語るのは同中学校教諭の氏家弘美さん。「彼らの人柄が今回の結果につながったのでは」と教え子たちの活躍を喜んだ。

 なお区内からは新羽中学校の望月美祐さん(3年)も入賞した。

 同コンテストの最優秀賞と優秀賞の作文は11月26日以降、横浜市役所のHPで閲覧できる。

港北区版のローカルニュース最新6

賛成意見もカジノ不安視

IR説明会

賛成意見もカジノ不安視 社会

市は、必要性を強調

2月20日号

これからも地域のために

これからも地域のために 社会

菊名コミバスが10年目

2月20日号

日スタ杯で初の戴冠

港北区選抜

日スタ杯で初の戴冠 スポーツ

小学生女子の部

2月20日号

環境フォーラム

悔しさバネに躍動

悔しさバネに躍動 スポーツ

もうひとつのいばらき大会

2月20日号

2連覇へ、必勝祈願

横浜F・マリノス

2連覇へ、必勝祈願 スポーツ

リーグ開幕戦は23日

2月13日号

親子で遊ぶトレッサ野原

親子で遊ぶトレッサ野原 教育

2月20日・21日10時〜

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク