港北区版 掲載号:2018年12月6日号 エリアトップへ

大豆戸FC、各年代が上位 市・県大会

スポーツ

掲載号:2018年12月6日号

  • LINE
  • hatena
健闘した大豆戸FCのメンバー、上からU-8、U-10、U-12
健闘した大豆戸FCのメンバー、上からU-8、U-10、U-12

 区内を拠点に活動するサッカークラブ、大豆戸FCが、11月に行われた市大会、県大会の決勝トーナメントで上位に入る健闘を見せた。

U-8、U-10は市準V

 U―8は第50回横浜国際チビッ子サッカー大会U8の部に臨み、11月25日の決勝戦でバディーSCに敗れたものの準優勝。森慎太郎監督は「予選、決勝で強豪と対戦し、僅差で競り勝った」と振り返り、健闘した子どもたちに「これからもサッカーを楽しむ気持ちを忘れずにいてほしい」とメッセージを送った。

 U-10は、同大会U10-1の部に出場した。予選から接戦が続き、26チームによる決勝トーナメントでは、PK戦による勝利が3試合。11月25日の決勝戦ではバディーSC―Sに敗れ、準優勝となった。森下亮監督は「まずサッカーを純粋に楽しむこと。その中から勝敗や、チームで一つの目標に向かう楽しさを感じてもらえたら」と話した。

U-12は県ベスト8

 JFA第42回全日本U―12サッカー選手権大会神奈川県予選に臨んだU-12は、11月23日に行われた準々決勝で川崎フロンターレU-12と対戦し2-4。ベスト8の結果を残した。クラブ代表でもある末本亮太監督は「負けはしたが、子どもたちの表情は充実感でいっぱいだった」と振り返った。

 各年代の活躍に、末本代表は「結果だけを追うのではなく、楽しみながら一生懸命取り組んだことが好結果につながった。これからも子どもたちがサッカーを楽しめるようサポートしていきたい」と話していた。

港北区版のローカルニュース最新6

日テレ、安村アナが講演

日テレ、安村アナが講演 文化

7月7日慶応大日吉で

5月16日号

シニア合唱祭に120団体

シニア合唱祭に120団体 文化

みなとみらいホールで

5月16日号

「人生100年」のカラダづくり

「人生100年」のカラダづくり 文化

6月12日、ロコモ予防講演会

5月16日号

アプリでスタンプラリー

ウォーキングポイント

アプリでスタンプラリー 文化

ミズキータオル贈呈

5月16日号

グレイスホテルリニューアル

「夢を追えば、必ず何かついてくる」

特別インタビュー

「夢を追えば、必ず何かついてくる」 社会

『MEGASTAR』開発者、大平貴之さんに聞く

5月1日号

港北の歴史とこれから

港北の歴史とこれから 文化

大倉精神文化研究所所長、平井誠二さんに聞く

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク