港北区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

新吉田東在住山田和男さん 幸せ感じ「自己新」狙う アーチェリー障害者大会

スポーツ

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
70m先の的に目がけて矢を放つ
70m先の的に目がけて矢を放つ

 10月に茨城で開催される「第19回全国障害者スポーツ大会」でアーチェリー横浜代表に選ばれた山田和男さん(71)=新吉田東在住=。「目標は秘密だけど、自己新記録を目指す」とおどけてみせた。

 山田さんがアーチェリーを始めたきっかけは、15年前に脳梗塞で倒れたことだった。仕事終わりに週2でジムに行き、ベンチプレスを100キロあげるなど体力には自信があったというが、突然の病魔が山田さんを襲った。3カ月入院した後に退院。「なにかリハビリを」と見つけたのがラポールでのアーチェリー教室だった。現在もまだ身体に麻痺が残っているというが、「病気になったことをマイナスとは思っていない。こうしてアーチェリーに出会えたことを幸せに感じる」と前を向く。

 国体に出場するのは、5年ぶり6回目という。練習は午前と午後に1時間半ずつ。仕上げにジムに行き体力づくりも欠かさない。1つの的を制限時間内に2人で狙う同競技。「実は、相手ではなく、自分との戦い。緊張感の中で自分をコントロールできるかが大切」と真剣なまなざしで話した。

 リハビリで始めたアーチェリーは今年で12年。「なくてはならないもの。ライフワーク」と見せた笑顔が印象的だった。

照れながらも笑顔を見せる山田さん
照れながらも笑顔を見せる山田さん

特撰手織絨毯展 

ルームズ大正堂新横浜店 5月27日~ 天然木一枚板フェア 同時開催

https://www.rooms-taishodo.co.jp/shop/shinyokohama.html

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

「おさんぽ」で交流

北新羽

「おさんぽ」で交流 社会

市民団体と園児ら

5月26日号

所属委員会決まる

所属委員会決まる 政治

横浜市会、13日本会議で

5月26日号

自然の大切さ知って

自然の大切さ知って 文化

松の川緑道まつり

5月26日号

子ども店員が「駄菓子屋」

大倉山おへそ

子ども店員が「駄菓子屋」 社会

オープンガーデン連動で

5月26日号

関東大会へ進出

関東大会へ進出 スポーツ

大豆戸FC U―15

5月26日号

命守る泳ぎを学ぶ

命守る泳ぎを学ぶ 文化

横浜北YMCAで6月19日

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook