港北区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

新吉田東在住山田和男さん 幸せ感じ「自己新」狙う アーチェリー障害者大会

スポーツ

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
70m先の的に目がけて矢を放つ
70m先の的に目がけて矢を放つ

 10月に茨城で開催される「第19回全国障害者スポーツ大会」でアーチェリー横浜代表に選ばれた山田和男さん(71)=新吉田東在住=。「目標は秘密だけど、自己新記録を目指す」とおどけてみせた。

 山田さんがアーチェリーを始めたきっかけは、15年前に脳梗塞で倒れたことだった。仕事終わりに週2でジムに行き、ベンチプレスを100キロあげるなど体力には自信があったというが、突然の病魔が山田さんを襲った。3カ月入院した後に退院。「なにかリハビリを」と見つけたのがラポールでのアーチェリー教室だった。現在もまだ身体に麻痺が残っているというが、「病気になったことをマイナスとは思っていない。こうしてアーチェリーに出会えたことを幸せに感じる」と前を向く。

 国体に出場するのは、5年ぶり6回目という。練習は午前と午後に1時間半ずつ。仕上げにジムに行き体力づくりも欠かさない。1つの的を制限時間内に2人で狙う同競技。「実は、相手ではなく、自分との戦い。緊張感の中で自分をコントロールできるかが大切」と真剣なまなざしで話した。

 リハビリで始めたアーチェリーは今年で12年。「なくてはならないもの。ライフワーク」と見せた笑顔が印象的だった。

照れながらも笑顔を見せる山田さん
照れながらも笑顔を見せる山田さん

港北区版のローカルニュース最新6

リニューアルへ地鎮祭

大倉山歓成院

リニューアルへ地鎮祭 社会

設計者は隈研吾さん

3月4日号

星空キーホルダー作り

星空キーホルダー作り 社会

4月3日(土)、篠原地区セン

3月4日号

地元ラーメンマップ制作

地元ラーメンマップ制作 社会

日吉本町 池田さん

3月4日号

手づくり吊るし雛、色鮮やか

【Web限定記事】新羽町・大竹町内会

手づくり吊るし雛、色鮮やか 社会

女児の成長に願い込め

3月4日号

綱島東小の児童がテニピンに挑戦、伸び伸びスポーツ楽しむ

【Web限定記事】

綱島東小の児童がテニピンに挑戦、伸び伸びスポーツ楽しむ 教育

メガロスが体験機会提供

3月4日号

「震災はまだ終わってない」

「震災はまだ終わってない」 社会

青葉区在住 伊藤まりさん(61)

3月4日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク