港北区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

港北区企業レポート【2】 区内の横浜北工業会役員のものづくり企業を紹介します。 限界を決めず、その先へ 東京プロト株式会社

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える平良代表取締役社長
インタビューに答える平良代表取締役社長

 労働コストの低い海外の工場に負けないために、「たしかな技術と品質で、自社にしかないモノを作らないと」と話すのは、東京プロト株式会社(樽町3の1の1)の平良重男代表取締役社長だ。

 1970年に前社長の山田昭男会長が、前身の(有)東京プロトを設立。プラスチックの成形を専門に、食品容器の試作品(プロトタイプ)のメーカーとしてスタートした。同社を支えるのは、吸引して材料を型に密着させる「真空成形」と、型に流し込んで形作る「射出成形」の二つの技術。現在は食品容器に加え、産業の精密製品を保管・出荷するトレーの製作等を行う。

 技術に加えて重要視するのが「人間力」。コミュニケーションを大切にし、営業マン時代には取引先へ行くと毎回のように4、5人から相談を受けた。実は射出成形事業が始まったのも営業先での会話がきっかけ。「人間関係から思わぬチャンスが生まれる。それを見逃さないように」

 厚い信頼の裏には、不断の努力がある。その一つがトレーの段積み技術。従来はトレーを積む際に、交互に向きを変える必要があり作業効率が低かった。材料の性質や製造技術から同方向での段積みは不可能と思われていたが、世界初の技術を考案し、業界の常識を打ち破ってみせた。「自分で限界を決めない。なぜできないのか、どうすれば(理想に)近づけるか。その先に答えがある」。“心と技術”でモノづくりを支えていく。
 

港北区版のコラム最新6

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表

推進前提に意見公募

IRと横浜

3月26日号

ネットから「119番」

横浜市

ネットから「119番」 社会

聴覚障害者ら通報容易に

3月5日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者

懸命のアピール合戦

IRと横浜

3月5日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月27日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る

「カジノなしでも人は来る」

IRと横浜

1月30日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

12月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク