港北区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

障がい者施設利用者ら 仕事、商品の魅力をPR ユーチューバー動画撮影で

社会

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
笑顔で撮影に臨む(左から)青木恵美子理事長、清水瑚都さん、眠梨桜さん
笑顔で撮影に臨む(左から)青木恵美子理事長、清水瑚都さん、眠梨桜さん

 NPO法人フラットハート(青木恵美子理事長)が運営する障がいのある人の就労の場、カフェおからさん(篠原北1の2の24)で3月23日、ユーチューバーによる動画撮影が行われた。

 午後2時ころ、撮影を担当した夫とともに同施設を訪れたのは、現在5万人を超える登録者のいるユーチューバーでモデルの眠梨桜さん。同NPO法人の理事、三ツ橋健さんが眠梨桜さんの動画を視聴する中で、「必要な情報をしっかり伝えてくれる人」との印象から、ツイッターでアプローチしたことをきっかけとして、この日の訪問が実現した。

 四肢体幹機能障害があり車椅子で活動する眠梨桜さんは、障がいを健常者に身近に感じてもらおうと、自身の生活風景や旅先でのバリアフリーの状況等を配信している。

広い発信に感謝

 眠梨桜さんは、周辺の道が平坦で来所しやすかった点や場所等の紹介を終えると、施設の中へ。初めはカメラを前に緊張の面持ちだった利用者も、気さくに質問を投げかける眠梨桜さんと接するうちにすっかり和んだ雰囲気に。「めっちゃ楽しい」「お客さんとの会話は初め緊張する」と仕事等への問いに答えるだけでなく、「結婚何年目ですか?」などと逆質問する場面も見られた。また、同施設スタッフは、利用者の一般就労に結び付けるための就労支援の役割等を説明した。

 「(動画配信で)施設の実態を広く伝えてもらえるのはありがたいこと」と話した青木理事長。「これからも利用者本人が望む方向に進めるよう応援したい」と力を込めた。

 カフェおからさんは、障害者総合支援法に基づく就労継続支援B型事業所。おからを使ったランチやデザートを提供するが、現在、コロナ禍によりカフェは休業中。主におからサブレや、同NPO法人が運営するアトリエおからさんで制作した革製品等の販売を行っている。

施設前での撮影風景
施設前での撮影風景

港北区版のローカルニュース最新6

ネットの正しい使い方

日吉台小5・6年生

ネットの正しい使い方 教育

高校生から学ぶ

6月30日号

バレーボールで地域交流

バレーボールで地域交流 スポーツ

港北スポセンで汗流す

6月30日号

講座「ボランティアをやってみようと思ったけれど…」

【Web限定記事】

講座「ボランティアをやってみようと思ったけれど…」 社会

港北区福祉保健活動拠点で7月22日

6月30日号

新幹線望む崎陽軒ルーム

新幹線望む崎陽軒ルーム 経済

ホテルアソシア新横浜に

6月30日号

80周年式典 1000人集う

学校法人 武相学園

80周年式典 1000人集う 教育

6月30日号

AТM操作させる還付金詐欺発生、区役所職員名乗り「医療費の払い戻しある」

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

講座「ボランティアをやってみようと思ったけれど…」

【Web限定記事】

講座「ボランティアをやってみようと思ったけれど…」

港北区福祉保健活動拠点で7月22日

7月22日~7月22日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook