神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2021年9月23日 エリアトップへ

高田の農園 ホップ収穫、1カ月遅れ 天候不順影響、量は前年並

社会

公開:2021年9月23日

  • LINE
  • hatena

 横浜産ホップを使った地ビールづくりに協力し、港北区高田でビールの原料となるホップを生産している古川原農園(古川原琢園主)では、4日、昨年より1カ月遅れのホップの収穫を行った。

 収穫量は前年と同程度だったが、今年は春の天候不順で、「つる上げ」というホップの成長に重要な作業が遅くなってしまったため成育が遅れ、これまで8月初旬に行っていた収穫が1カ月ずれ込んだのだという。「雨も多かったので流されてしまった肥料もあった。1週間前に追肥をしたので、大分(ホップの)香りも回復したと思う」と古川原さん。

 2017年からこの生ホップを使用した地ビールを醸造している(株)横浜ビールの田尻和彦さんは、「今年のビールは、前年より苦味は押さえて、生のホップの香りの華やかさをより味わえる『ペールエール』に仕上げる予定」と話す。また、商品名もこれまでの「ヨコハマIPA」ではなく「人、背景、土地が伝わるように」との意味を込め、「横浜港北フレッシュホップエール」の名称に変更する。出荷は10月21日で、1000〜1500本限定で小売店などに並ぶ予定だ。

港北区版のローカルニュース最新6

神奈川県 災害、物価高騰対策などで122億円の補正予算案

3者連携し献血活動

3者連携し献血活動

F・マリノスOB選手呼びかけ

6月18日

著者ものがたりライブ

著者ものがたりライブ

日吉本町の児童書店で

6月17日

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

横浜市教育委員会が「子どもアドベンチャーカレッジ」

6月15日

模型使って仕組みを学ぶ

夏休みの自由研究対策

模型使って仕組みを学ぶ

7月6日、港北公会堂で

6月15日

横浜市26万人の児童・生徒の学習データを収集・活用する学習ダッシュボードを運用開始

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook