神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2022年8月11日 エリアトップへ

トップインタビュー 「地域の人たちに愛されるローカルブランドに」 崎陽軒野並 晃  代表取締役社長

公開:2022年8月11日

  • LINE
  • hatena

 -創業114年、5月25日付で代表取締役社長に就任されました。

 「重責に大変身が引き締まる思いです。ただ、役職や立場が異なっても私自身や会社としての姿勢はこれまでと変わらず、横浜・神奈川のお客様が『地域のブランド』と感じていただける取組かどうかという視点を大切に事業を進めていきたい。そのため役職関係なく、闊達な意見交換やアイデアが出せる社内環境を引き続き整えていきたいと思っています」

 ―コロナ禍の取組は。

 「既存店の売上が6割以上落ちた一方、生活圏にある郊外型店舗の売上は伸びました。食のシーンや購入スタイルの変化に対応した施策として、ロードサイド店舗の出店を強化。おうち時間を楽しんでもらえたらと思い、クッションなどの崎陽軒グッズや惣菜商品も充実させました。原材料の高騰やSDGsなど、今後もコロナ禍のように社会状況に応じた取組が必要となるでしょう。積極的に新商品開発に取り組み、常にお客様に喜んでいただけるような発信ができたら」

 ―ホテルの「崎陽軒ルーム」や110周年の県警コラボ、歌丸師匠が愛した炒飯弁当など、地域の企業や団体とのコラボも話題です。

 「東海道新幹線コラボの崎陽軒ルームは私も泊まりたい(笑)。子どもを連れて行ったら絶対に喜びますよね。有難いことにお声をかけていただく企画が多いのですが、全て日頃の地域のつながりの中から生まれるご縁。崎陽軒ブランドを活用して横浜はもちろん、関西シウマイ弁当や栃木県鹿沼市(初代社長の出身地)のシウマイ像のような地域創生にも力を入れていきたいです」

 ―自身のシウマイ弁当のこだわりの食べ方は。

 「シウマイは醤油や辛子はあまり使わず、すぐにご飯へ。あんずは最後のデザートにしていましたが、つい最近唐揚げと一緒に食べるのも美味しいと知り...驚きでした」 

 ―最後に横浜市民に向けてメッセージを。

 「旅行や野球観戦、家族の団らんなど、お客様の様々なシーンにおいて崎陽軒の商品があることで、より楽しい思い出や幸せな毎日になる。そんな存在になれたら嬉しいです。今後も長くご愛顧いただけるよう時代や人々の価値観が変わっても、お客様に喜ばれる商品、横浜のおいしさを創り続けていきたいと思っています」

港北区版のコラム最新6

「金沢動物園に辰はいるの?」

「金沢動物園に辰はいるの?」

金沢動物園 干支コラム

1月4日

「地域の人たちに愛されるローカルブランドに」

トップインタビュー

「地域の人たちに愛されるローカルブランドに」

崎陽軒野並 晃  代表取締役社長

8月11日

今から始める相続の準備

「予防疲れにご注意を!」

感染症予防専門医に聞く

「予防疲れにご注意を!」

2月25日

「安心安全」な保育環境を

「安心安全」な保育環境を

(一社)横浜市私立保育園園長会

11月5日

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める

11月5日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook