都筑区版 掲載号:2017年5月18日号 エリアトップへ

大正末期から昭和の北山田から 第4回 都筑区の歴史を紐解く 文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

掲載号:2017年5月18日号

  • LINE
  • hatena
キャタツでの桃の袋掛け作業
キャタツでの桃の袋掛け作業

農業

 私が子供の頃は西瓜の栽培が盛んだった。その頃では珍しく、飯田運送のトラックが庭まで入って西瓜を積みにきた。今のニトン車くらいだと思う。西瓜の収穫には近所の方が手伝いに見えていた。夜、蚊帳の中で西瓜の積み込みを姉たちと見ていた。小山田の茂作さん、清助さん、芝生(しぼう)(地名)の庄太郎さん、特に庄ちゃんには、お風呂にいれてもらったり、家族同様にしていただいた。

 果樹が多かった。栗、桃で、主に桃は六反栽培していた。父の実家が桃栽培の専門であった関係もある。

 桃栽培は手間のかかる農業だ。冬、桃の木の下を鋤(すき)で耕し、枝の剪定作業は父がやるが、枝を集める仕事が大変。学校から帰ると必ず桃畑に行かされ、作業させられた。

 春、硫黄黄剤の散布は目は痛くなり、臭いし、我慢して一日手押しポンプを押し続けた。五月は袋掛け作業、一個づつ袋をかけ、リュウキュウという草の乾燥したヒモで縛るのだが、キャタツに乗っての仕事はつかれた。

 よく城山(じょうやま)(地名)に手伝いにいったが、従兄弟の貢さんは明るい青年だった。フィリピンの戦闘で終戦間際に、重傷を負いながら切込隊として戦死した。戦後、戦友が何度も切込隊参加を止めたが、負傷の身では迷惑かけると聞かず、行ってしまったと知らせてくれた。

 袋掛けは、時期が限られているので忙しい毎日だった。ちょうど田起こしと麦の収穫が重なり、重労働となった。七月、早生(わせ)桃の収穫が始まり、晩生(おくて)が終わるまで一ヶ月かかった。

 桃を詰める箱の制作が間に合わず、大工さんをたのんだ。包装は箱の底に敷き藁を薄く敷き、セロハンの化粧紙をその上に敷き、桃を普通六個並べ、一個づつ桜紙で包み、動かぬようにパッキンをいれて出来上がりだが、桃は軽く三本指で持たないと傷んでしまうので神経を使う。仕上がった桃の箱を五箱づつ重ねて梱包し、ゴムタイヤの馬車で東京まで出荷した。

 たしか北山田で桃栽培農家は六軒だったと思う。

 この桃栽培も昭和十九年、主食を作らなければ非国民だというので、強制伐採させられた。
 

妙蓮寺墓苑 一般墓地・樹木葬

一般墓地107.8万円~ 樹木葬1区画33万円~ ☎0120・514・194

http://www.514194.co.jp

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のコラム最新6

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第64回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

4月22日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第10回『子どもの近視はどうしたらよいですか?』

4月22日号

子どもの学びとウェルビーイング

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

子どもの学びとウェルビーイング

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月22日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第63回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

4月1日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私 社会

「令和はシュウマイの時代」

3月25日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第62回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

3月25日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter