都筑区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

池辺町柴田さん "天敵"を捕獲 「戦いは続く」

社会

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena
捕獲したアライグマと柴田さん
捕獲したアライグマと柴田さん

 油断した頃には必ずやってくる――。

 池辺町在住の柴田正さん(サンケイ自動車会長・74)は、池の鯉を食べに来る天敵をそう表現する。市の許可を得て、手製の捕獲器で24日、とうとうアライグマを捕まえることに成功した。

 池辺町は都市農業と環境を守ることを目的とした農業専用地区が60 ha残されている。周辺には池辺市民の森など山林も多く、自然豊かな地域だ。

 柴田さんによると今年の2月、3月頃に池の鯉を荒らされたという。「地元農家でも作物が被害に合っていると聞く。2月頃は野菜が育っていないから民家に餌を探しにくる。たまに生ものが食べたくなるのかな」と語る。5月中旬、鳥などに捕食されないよう、池にかけていた網が何ものかに破られた。「またか」と業を煮やした柴田さんはホームセンターで購入したラックを使用し縦35cm、横75cm、高さ35cmの仕掛けを作成。

 おびき寄せるために、においの出る煮干しなどを餌に21日の夕方から、その時を待った。24日の午前3時頃「ガチャン」という音がしたという。

 午前7時前に柴田さんが仕掛けを見に行くと、体長50cm程のアライグマが、わなにかかっていた。「朝は狂暴でこわかった。アライグマとの戦いはこれからも続くと思う」と話している。
 

「ウー」と威嚇する天敵
「ウー」と威嚇する天敵

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

市道の環境改善に寄与

美里橋サークルが実践賞

市道の環境改善に寄与 社会

4月2日号

白い花に豊作の願い込め

白い花に豊作の願い込め 社会

浜なし授粉作業到来

4月2日号

都筑の「桜」で一息を

都筑の「桜」で一息を 文化

散策後は人気パン屋へ

4月2日号

横浜市にとっての生命線

横浜北西線開通 林文子市長

横浜市にとっての生命線 社会

市内経済活性化に期待

3月21日号

「災害時の有効な道に」

横浜北西線開通 喜びの声、続々 山崎製パン横浜第二工場

「災害時の有効な道に」 経済

佐々木執行役員工場長

3月21日号

「市内の移動、便利に」

横浜北西線開通 喜びの声、続々 シュタットシンケン

「市内の移動、便利に」 経済

現代の名工 中山一郎さん

3月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク