都筑区版 掲載号:2018年9月13日号 エリアトップへ

大正末期〜昭和の北山田から 第17回 都筑区の歴史を紐解く 文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

掲載号:2018年9月13日号

  • LINE
  • hatena
中川駅伝競走
中川駅伝競走

陸上競技【1】

 青年団でよく陸上競技の長距離に出場した。

 戦前は長距離競技も団体競技が多かった。

 青年学校の競技は壮絶だった。五人一組になり、牛蒡剣(ごぼうけん)、三八式歩兵銃に背嚢(はいのう)を背負い、薬莢(やっきょう)をつけ完全装備で十キロを完走せねばならない。一人の落後も許せない競技であった。本科生が何時も出場したが、途中仲間が倒れ、残った四人で倒れた仲間の装備を分担して背負い、とにかく五人揃ってゴールしなければならないというものだった。

 学校の名誉にかけて倒れた仲間を励まし、引きずりながら到着したら、足の爪が全部すり減ってなくなっていた。ただちに入院したが、血染めの優勝であった。

 戦後、港北陸連が活発になり、中山中学で競技が行われていた。

 私は一万、五千、千五百メートルにたびたび出場した。

 中距離選手で、今の島村尚美県会議員とは懇意にしていた。駅伝、中距離ではいつもご一緒したが、かたや父が県会議員であり、大学生で真っ白いスポーツ運動着、こちらは戦後なのでよれよれのシャツに地下足袋姿、なんとも不似合いな運動会であった。

 勝負は負けなかったが、人生双六(すごろく)は負けた。

 かたや県会議長、こちらは六十年たってニュータウンにより財産が半減している。

 物質面ではめぐまれていないが、家族の理解がなによりの幸せである。日々の生活を忙しく送ることは、二重の幸せと思う。

 駅伝は盛んであった。横浜駅伝、港北駅伝にいつも参加させていただいた。

 特に横浜駅伝は各区役所を中継所にして争われた。私はいつも港北区役所から鶴見区役所までが区間であったが、港北はいつも最下位に甘んじていた。

 港北区役所でバトンタッチする時、後ろはもちろん誰もおりません。前もかすかに見えるくらいです。途中で肥汲みの牛車に会うと「もう先の選手は〇〇くらい前だよ、頑張れ」、と教えてくれた。

 港北駅伝は綱島から菊名、小机、中山、中里、市が尾、山内、江田、中川がコースであり、私は江田から綱島までの区間だった。仲間が自転車で伴走してくれ、励ましてくれたお陰で中川は上位にいつもいた。
 

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のコラム最新6

日曜朝は「タカチュー」へ

MM21街区NEWS【13】

日曜朝は「タカチュー」へ

みなとみらい農家朝市

8月22日号

立地生かし、新たな価値創出へ

MM21街区NEWS

立地生かし、新たな価値創出へ

京セラが新研究拠点を開所

8月15日号

帰宅困難者支援に「ガイド」

MM21街区NEWS

帰宅困難者支援に「ガイド」

災害時用の情報、毎年更新

8月8日号

MMキャンパスの新学部発表

MM21街区NEWS【10】

MMキャンパスの新学部発表

神奈川大が開業見据え

8月1日号

こけら落としは「ゆず」

ぴあアリーナ 4月25日開業

こけら落としは「ゆず」

7月18日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第30回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

7月18日号

情報通信インフラを支える

MM21街区NEWS

情報通信インフラを支える

開業20周年の「横浜メディアタワー」

7月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク