都筑区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

大正末期〜昭和の北山田から 第25回 都筑区の歴史を紐解く 文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena
中川の竹の子
中川の竹の子

昭和初期

 昭和初期、世の中が激動の中に入りつつあった。軍人が台頭してきた時代であり、警察も兵隊さんには手が出せなかった。バスも電車も軍人は無鑑札、子供には憧れの職業であった。

 物心ついた頃、よくおじいさんに山田館に連れていってもらった。山田館は東山田ののちめ通りにあり、広さは小さい体育館くらいで、両脇に二階の桟敷席、その下に駄菓子屋が店を出していた。

 その当時の中川ではただ一つの劇場で、大勢集まれる建物は山田館だけであった。

 有名な浪曲師、漫才、講談、手品師、映画、芝居などを盛んに上演したが、興業間近になると、今のバス通りの砂利道に宣伝の大きな立幟(たてのぼり)が、ちょうど、相撲の場所に飾られる幟と同じように立ち並んだ。老若男女とわず、娯楽が何も無かった時代だったので、ただ一つの社交場であった。

 私は芝居を見るよりも駄菓子屋から届けられるお菓子が目当てだったので、食べれば帰りたくなり祖父を困らせた。

 山田館の前にタクシー会社があって、祖父と一緒に行けばいつも往復乗れた。当時とすれば何より車に乗れるのが楽しみであった。若い人たちも、けっこう恋が結ばれたと聞く。

 その山田館も、経営のまずさから閉館になり、建物は溝の口の軍需工場に移築され、終戦後解体された。タクシーの車庫も身売りに出され、この車庫は重代谷戸の共同出荷小屋として譲り受けた。

 元の私宅の下に移動設置されたが、東山田から運ぶのに建物をそのまま牛車に積み、人間が引いたり押したりして、狭い道を谷戸中総出で運んできた。

 自動車が珍しいのどかな時代だから運べたが、今ではとても考えられません。

 移築後は部落中が総出で壁を塗り、屋根を葺き、完成させた。今では考えられませんが、皆奉仕でした。今は時間で賃金が換算され、物資は豊かだが、親睦人情は貧困になった。

 北山田は竹の子の産地であった。共同小屋に朝、集荷され、トラック(今の二トン車)が運搬にきた。なにせ、道が狭く悪いので大変だった。

 朝まだ暗いうちに竹藪に入り、夜明けを待って掘り始めないと集荷に間に合わない。”朝掘りの竹の子”というので、市場では評判がよく、少しでも値売りするため、竹の子に限らず、農家は夜星をあおぎ、朝露を踏み働いた。
 

当時の山田館
当時の山田館

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のコラム最新6

日曜朝は「タカチュー」へ

MM21街区NEWS【13】

日曜朝は「タカチュー」へ

みなとみらい農家朝市

8月22日号

立地生かし、新たな価値創出へ

MM21街区NEWS

立地生かし、新たな価値創出へ

京セラが新研究拠点を開所

8月15日号

帰宅困難者支援に「ガイド」

MM21街区NEWS

帰宅困難者支援に「ガイド」

災害時用の情報、毎年更新

8月8日号

MMキャンパスの新学部発表

MM21街区NEWS【10】

MMキャンパスの新学部発表

神奈川大が開業見据え

8月1日号

こけら落としは「ゆず」

ぴあアリーナ 4月25日開業

こけら落としは「ゆず」

7月18日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第30回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

7月18日号

情報通信インフラを支える

MM21街区NEWS

情報通信インフラを支える

開業20周年の「横浜メディアタワー」

7月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク