都筑区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

専門医が分かりやすく解説 目のお悩みQ&A  第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena

 若い頃、裸眼で遠くも近くもよく見える方は『遠視』の場合が多いです。誤解されやすいのですが、遠視というのはピントが遠くに合うことではなく、光が眼の中に入り、像を結ぶのが網膜の奥(遠方)になってしまう状態が遠視の目です。

 遠視にも程度があり、すごく強い遠視だと若い時から眼鏡が必要なこともありますが、ある程度であれば、ピントを合わせる目の『調節力』で、遠くも近くも裸眼で見ることができます。

 しかし、調節力は年齢で少しずつ低下していきますので、高い調節力が必要な手元は比較的早くから老眼で見えないと感じます。更に年齢が上がると遠くを見る調節力も足りなくなり、若い頃は視力が1・2で遠近ともよく見えていたのに、60歳頃になると遠方までも視力が0・1位に下がってしまう人もいます。

 もちろん、遠視だけであれば眼鏡でピントを合わせれば見えるようになります。若い時に目が良かった人で遠くも見えにくい感覚があれば、遠方用の眼鏡を考えるとよいと思います。

 ただ、遠視の人は眼鏡に慣れていなくて苦手な方も多いですが、通常、60歳頃には白内障が出てきますので、白内障の手術をして眼内レンズでピントの調整を行い、遠視を改善してあげることで裸眼でだいぶ楽に過ごすことが可能なので、白内障手術を考えるのもよいかもしれません。

■たまプラーザやまぐち眼科/青葉区新石川3の14の14/【電話】045・913・0333/【URL】https://tamaplaza-eyeclinic.com

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

都筑区版のコラム最新6

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

11月25日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第16回『50歳頃から眼鏡やコンタクトが合わず困っています』

10月28日号

高齢者のアクティブな生き方とは

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【17】

高齢者のアクティブな生き方とは

桐蔭学園理事長 溝上慎一

10月28日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

9月23日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

第14回『緑内障の目薬で目の調子が悪いですが、なぜでしょうか?』

8月26日号

地域課題に共に取り組む教育機関へ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【16】

地域課題に共に取り組む教育機関へ

桐蔭学園理事長 溝上慎一

8月26日号

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook