旭区版 掲載号:2012年7月26日号
  • LINE
  • hatena

ネパールの味 日本に セレスタさん 料理に思い込め

社会

「旭区は生まれ故郷のよう」と笑顔
「旭区は生まれ故郷のよう」と笑顔

 日本人に母国の味を知ってもらいたい―。ネパール生まれの飲食店経営者、セレスタ・エゲマニさん(39)が営むインド・ネパール料理店「ニューフルバリ」は、鶴ヶ峰本町の水道道沿いにある。過去に同国を7回訪れているアマチュア写真家、竹内弘和さん(70)=白根=は「店に初めて入ったとき、現地と同じ香りがした」と話す。

 実家が料理店というセレスタさんは、日本人教師との出会いなどを機に、日本でお店を開きたいと思うようになった。4店目で横浜は初というが、「旭区の人々は、街中で会っても気軽にあいさつしてくれる。家族のような雰囲気」と白い歯を見せる。

 ネパール料理というと、日本では辛くて店が不衛生というイメージも。「スパイスは本来の味を変えずに、辛さだけを調整している。きれいなお店で、おいしい料理を楽しんでほしい」。母国の味と、日本人のニーズを追求し続ける。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク