旭区版 掲載号:2012年12月13日号
  • LINE
  • hatena

人権作文コンテスト 希望が丘中 2人が入賞 「ユダヤ人」「ボッチャ」題材に

受賞した藤川さん(上)、馬場君
受賞した藤川さん(上)、馬場君

 全国の中学生を対象とした「人権作文コンテスト」。横浜市大会で、旭区から市立希望が丘中学校の3年生2人が入賞した。藤川未来(みく)さんは「ユダヤ人を演じて」で最優秀賞(市教育長賞)、馬場大輝君は「ボッチャに参加して」で優秀賞を受賞した。市大会は、市や人権擁護委員会などからなる「市人権啓発活動ネットワーク協議会」と市教育委員会が主催し、5万5824編(143校参加)と全国最多の応募数となった。

 藤川さんは3年間在籍してきた演劇部で「アニータ・ローベルのじゃがいもかあさん」のユダヤ人役を演じたときのことを題材にした。これは、第二次大戦中のドイツ軍から逃れるため、地下室でともに過ごすことになったポーランド人とユダヤ人のかかわり合いを描いたもの。「ユダヤ人はちょっと遠い存在だし、戦争の怖さもあまりイメージできなかったため、役づくりには苦労した」。イメージを膨らませるために図書館で当時の写真集を借りた。「どの写真にも衝撃を受けた。グッときて、泣けた」と、より真剣に役へ取り組むようになったという。「これからも自分が役に入り込んで演じることで、観ている人に何かを伝えることができれば」と思いを語った。

 馬場君がテーマにした「ボッチャ」とは、パラリンピックの公式種目にもなっているスポーツ。ボールを交互に投げ、最終的に的に近い方が勝ちというルールで、運動能力の高低にかかわらずプレーすることができる。以前からボランティアとして養護学校でボッチャを教えていた父に誘われ、参加したのがきっかけだったという。「最初は、集まりに『加わる』という感じだったけど、いつからかすっかり友達になった」と笑顔を見せる。「言葉以外でも、表情や態度で言いたいことがわかるようになってきた」とコミュニケーションを学んだ様子。「ボッチャを知らない人はまだまだ多いから、より多くの人にも知ってもらいたい。大人数でやった方が楽しいし」と瞳を輝かせた。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

バリアフリー情報ムック出版

1試合20得点の先へ

明かりのもとでライブ

鶴ヶ峰

明かりのもとでライブ

12月13日号

蔵を舞台に水彩画展

瀬谷区

蔵を舞台に水彩画展

12月13日号

歳末恒例の餅つき

歳末恒例の餅つき

12月13日号

ズーラシアのクリスマス

旭 区

ズーラシアのクリスマス

12月13日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク