旭区版 掲載号:2012年12月20日号
  • LINE
  • hatena

12月23日に開かれる「三ツ境ポップフェスティバル」の代表 伊藤 嘉朗さん 瀬谷区在住 65歳

理想の音 追い求め

 ○…今回で13回目を迎える「三ツ境ポップフェスティバル」。三ツ境北口駅前のライオンズバーで開催される同イベントは、地元のアマチュアバンドがポップスやジャズ、ブルースなどで盛り上げる。100枚のチケットは既に完売。「地域の人や近隣の商店も協力してくれて。地域ぐるみで開催するイベントになってきた」。地域に定着してきたイベントを心待ちにしながら、準備にいそしむ。

 ○…ミュージシャンとして活動していたこともあり、バンドの気持ちはよくわかる。「彼らが演奏できる機会をつくってあげたかった」。継続して行うためには楽しむだけではなく、目的を持つことも必要だ。そこで、チケットの収益で近隣の小学校に本を寄贈することに。地道な活動は実を結び、すっかり恒例イベントになった。出演希望も多いが、そこはプロの目で見極める。「実力がなければダメ。少し話をすればわかる」。質の高い音楽を届けるため、妥協はしない。

 ○…伊勢佐木町出身。兄の影響で16歳でギターを握った。仲間とバンド活動に明け暮れ、横浜のライブバーで演奏することも多かった。仲本工事をはじめ、プロと演奏する機会も多く「少しでも近づきたい」という一心でギターに打ち込んだ。17歳の時に東宝の芸能学校に入り、演技や声楽など芸能の基礎を学んだ後は、バンドを組み、美空ひばりや小山ルミ、内田裕也などとも舞台をともにしてきた。「芸能界ではいろんな人の生き様を見てきた。好きなことを精いっぱいやってきたなぁ」

 ○…現在は笹野台と瀬谷南台で居酒屋「深海魚」を開く。笹野台の店舗には楽器も用意されてあり、音楽好きの客が集まりセッションが始まることも。時にはリクエストに応えることもある。「音楽には終わりはないし、パーフェクトもない。いつまでも追い続けていきたいよね」。若手を育てる一方で、自分の音楽にもさらに磨きをかけていく。
 

旭区版の人物風土記最新6件

田中 朋子さん

バリアフリー情報マガジン「enjoy ist。かながわ」の制作委員会代表を務めた

田中 朋子さん

12月13日号

小川名 慎吾さん

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人

小川名 慎吾さん

12月6日号

河野 航大さん

星槎全国生徒会の会長を務める

河野 航大さん

11月29日号

富岡 宏さん

「横浜旗士道」の代表として各地で活躍する

富岡 宏さん

11月22日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍する

天野 純さん

11月15日号

小澤 一久さん

ヘアカット・アレンジメント講習会で講師を務めた

小澤 一久さん

11月8日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク