旭区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

市政レポート【10】 課題山積の新市庁舎案に異議 横浜市会議員 大岩まさかず

 横浜市では昨年12月から1月に、新市庁舎整備基本構想(案)に関する市民意見募集を行いました。集まった意見提出者は294人で、そのうち反対が最も多く95人で32%を占めました。そのほかは、北仲通南地区案に賛成が81人、現市庁舎のある港町案が35人、分庁案が4人、場所の明記はなくただ賛成が26人といった結果になっています。

 市の見解によると、「北仲通南地区での整備案が最適な案」、「北仲通南地区を整備予定地として位置づけ、検討を進める」としています。また、市では「反対・否定的な意見を基本構想案に反映させない」とし、「行政・市会の双方において、新市庁舎を整備するという前提は変わっておらず、整備を根本から見直すような意見を反映することはできない」としています。最も多かった明確な「反対」の声はどこへ行ってしまったのでしょうか。

市民の声 反映を

 市の中長期の財政見通しによれば、平成26年度から28年度までの3カ年の一般会計の財政収支赤字は▲1480億円となっており大変厳しい状況です。そんな中、市では31階建の新市庁舎(総事業費1400億円)の整備を進めています。税金を投じる新市庁舎建設を市民議論不在のまま進めて本当にいいのでしょうか。

 市庁舎は50年、100年にわたる都市計画のグランドデザインに関わります。ですが、現在の案には2019年以降の人口減少、それに伴う市職員数の減少、道州制・地域主権の流れから来る市役所から各区の分権化などの考えが盛り込まれていないことも問題です。また、市庁舎移転による関内駅前の空洞化を心配する声もありますが、解決策は練られていません。

 平成24年度中に基本構想が策定される予定ですが、基本計画は25年度に策定予定となっています。この基本計画案が提示されてからの抜本的な見直しはそう容易ではありません。我々みんなの党横浜市会議員団は、今後もこの新市庁舎建設の問題を最重要課題とし、見直しを求めていきます。
 

大岩真善和

横浜市旭区中希望が丘104-21 カラサワビル205号

TEL:045-442-8001
FAX:045-442-8002

http://www.minnano-yokohama.com/

旭区版の意見広告・議会報告最新6件

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク