旭区版 掲載号:2017年7月27日号
  • LINE
  • hatena

横浜市旭区医師会の6代目会長に就任した 一色 聡一郎さん 二俣川在住 48歳

若い力で地域医療をけん引

 ○…6代目の旭区医師会会長は、歴代最年少となる48歳。旭区民に役立つ医療を提供するため、「ドクター同士や行政との連携が、よりスムーズになるようなお手伝いをしたい」と穏やかな語り口で新会長としての思いを話す。

 ○…生まれも育ちも二俣川。「小関産婦人科で生まれ、記念写真を撮るのはみよしスタジオでしたね」。現在、再開発が進む二俣川駅南口は「昔は西友の場所がゴルフ練習場で、こっそり入り込んで遊んだこともあった」とのどかだった街を懐かしむ。「かなり内向的な子どもだったんですよ」と話す少年時代。通っていた精華小学校への通学の電車内でも「本が好きでよく読んでいましたね」。中学では物理部に所属。コンピューターに興味を持ち「複雑なものではなかったですが」というものの、簡単なゲームのプログラミングなどもすでに手掛けていた。

 ○…医師を志したのは高校2年生のころ。「父が開業医だったので、医師という職業が身近だった」。高校卒業後、現役で慶應義塾大学医学部に入学。初めて患者に接した3年生の時を振り返り「最初はとまどいましたね。人と話すのが苦手で、接客業などのアルバイト経験も無かったので」と苦笑い。一方、趣味として続けていたコンピューターでは、専門誌でプログラミングについて解説するライターのアルバイトも。その趣味が生かされ、今では「自作ソフトを診療に役立てているんです」。

 ○…現在、父が開業した「一色外科胃腸科医院」の理事長兼副院長。院長の父、同じく医師である妻とともに地域医療を支える。「開業医は大きな病気を治すよりは、かかりつけ医として患者さんの症状や悩みに幅広く対応していくもの」と思いを口にする。また、医師会の活動については「今進めている、災害医療の対応を行政と相談しながらまとめたい」と意気込む。若い力で、旭区の地域医療を盛り立てていく。

旭区版の人物風土記最新6件

三田 修平さん

移動式本屋を営み「横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム@旭区」で講演した

三田 修平さん

2月21日号

土田 直美さん

「中学生と赤ちゃんのふれあい交流会」を始めた南希望が丘中学校の養護教諭

土田 直美さん

2月14日号

白波瀬(しらはせ) 早百合さん

25周年コンサートを開催する旭区音楽家団体「コンセール241」の会長を務める

白波瀬(しらはせ) 早百合さん

2月7日号

熊谷 晃子さん

昨年11月からJICA横浜センターの所長を務める

熊谷 晃子さん

1月31日号

藤田 圭子さん

「ヨコハマやさいレシピコンテスト」で優秀賞を受賞し、地域などで教室を開く

藤田 圭子さん

1月24日号

山岸 弘樹さん

旭区誕生50周年記念事業実行委員会の委員長を務める

山岸 弘樹さん

1月17日号

お住み替えはご相談下さい!

3月24日(日)まで「水回りクリーニングキャンペーン」実施中

https://www.rehouse.co.jp/store/futamatagawa/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひょうたん作品がずらり

ひょうたん作品がずらり

3月14日から、入場無料

3月14日~3月17日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク