旭区版 掲載号:2017年8月17日号 エリアトップへ

安全功労者内閣総理大臣表彰を受賞した 佐々木 守雄さん 白根在住 71歳

掲載号:2017年8月17日号

  • LINE
  • hatena

「思いやり」で安全なまちへ

 ○…旭安全運転管理者会の会長を務めるほか、神奈川県安全運転管理者会連合会副会長も担い、県内各地の交通安全活動に携わる。長年にわたり交通安全活動に尽力した功績が認められ、7月に安全功労者内閣総理大臣表彰を受賞。交通安全関係では全国から8人・2団体が選ばれ、神奈川県内では唯一の受賞となった。「活動してきたかいがあった。これからも活動を継続していきたい」と今後の活動にも意欲を見せる。

 ○…熊本県出身。20代で川井本町の「株式会社 横浜ドライ」を立ち上げ、一般・業務用クリーニング、ユニフォームリース事業などを展開してきた。仕事に励む一方で、交通安全をはじめとした地域活動に取り組みだしたのは「社会勉強のため」。現在では学校の運営委員など活動は多岐にわたり「今では仕事より地域での活動の方が多いよ」と笑う。地域活動を行うことで仕事以外の人間関係や視野が広がり、地域の動きも見えるようになったという。

 ○…一代で築き上げた自社は、今年で創立50周年を迎えた。「その時にやるべきことをしっかりと判断することが重要。時には先を見据えてやめる決断も必要」。経営者として的確な状況判断を下し、長きにわたり自社を率いてきた。出身地よりも長い時間を過ごす旭区は「田舎まちだけど、情緒あるまち」。長年過ごす地域への恩返しという気持ちも込めて、地域活動に励んでいる。

 ○…全県的に交通事故が減少する中、高齢者が関係する事故は増加。旭区も同様で「高齢者が道路を渡り切れなくて車とぶつかってしまう例もある。運転者も歩行者もお互いが思いやりを持つべき」と指摘する。今後は安全運転管理者会に属する事業所へ向け、講習への積極的な参加を促していく。「どうして事故が起きてしまうのか理由を明確にすることが大切。起きてからでは遅い」。気を引き締め、これからも地域の安全を見守っていく。

旭区版の人物風土記最新6

鈴木 浩さん

横浜市幼稚園協会の会長に就任した

鈴木 浩さん

泉区在住 54歳

7月9日号

横溝 嘉則さん

「旭区の歴史と概要」のDVDを作成した

横溝 嘉則さん

東希望が丘在住 81歳

6月25日号

濱本 茂之さん

旭区青少年指導員連絡協議会の会長を務める

濱本 茂之さん

中希望が丘在住 61歳

6月18日号

仲野 直実さん

家庭倫理の会横浜西の会長を務める

仲野 直実さん

瀬谷区在住 54歳

6月11日号

古屋 明弘さん

旭消防署長に就任した

古屋 明弘さん

緑区在住 54歳

6月4日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

4月30日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク