旭区版 掲載号:2017年8月24日号
  • LINE
  • hatena

旭区青少年指導員連絡協議会の会長を務める 大野 功さん 本村町在住

「子どもたちへ夢や希望を」

 ○…今年で設立50周年を迎える神奈川県の青少年指導員制度。県と市から委嘱を受けた会員たちが、イベントの企画やパトロールなどを通して青少年の健全育成のために活動している。旭区には横浜市内最多の228人が所属し、年間を通してさまざまな事業を企画。「自然体験や大なわなど、多くの子どもたちが参加してくれるイベントは楽しい」と笑顔を見せる。

 ○…県の職員として勤務しながら、地域でソフトボールチームの監督をしていた30代の頃。次第に仕事が忙しくなって次の人へ監督を引き継ぐと、地域から青少年指導員にならないかと声が掛かった。「もともと子どもたちと接するのが好きだからね。地域のために引き受けたよ」。会長就任当時は少子化など社会環境の変化もあり、事業への子どもたちの参加が減少傾向だった。そこで地域や行政などとの連携を深め、親子で参加しやすい事業の企画など新たな取り組みも実施。当時始めた事業は今でも続き、子どもや親子が集まる場の一つとなった。「活動していて困難はあっても、苦はないよ」と朗らかに話す。

 ○…出身は南足柄市。高校時代は小田原市内へ通ってテニス部に所属し、3年生ではキャプテンを務めた。時は1964年。地域のつながりから東京五輪の聖火リレーランナーに選ばれ、箱根の約2Kmを走った。「本当に良い体験ができた。今でも当時のユニフォームは残っているよ」とにっこり。3年後に2度目の東京五輪が控えるが「高校球児の孫が聖火リレーを走ったらうれしいな」と夢を明かす。

 ○…指導員として30年以上活動を続け、旭区の会長は今年で16年目。長年の活動を通し、さまざまな功労者表彰などを受賞してきた。近年は旭区独自の顕彰制度を設け、共に活動する会員への感謝を示す。「仲間たちが協力的だし、行政も熱心。子どもたちへの思いやりを大切に、今後も皆と一緒に夢や希望を与える事業を続けたい」

4/10家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

全世代イキイキが私の夢!

すどうゆみ子とイキイキ旭をつくる会

http://sudo.k7k.info

<PR>

旭区版の人物風土記最新6件

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

3月28日号

TOMORUFUさん(本名 古本貴美子)

消しゴムはんこ作家として、「どんぐりマルシェ」に出店する

TOMORUFUさん(本名 古本貴美子)

3月21日号

清水 康弘さん

横浜旭ジャズまつり特別編成ビッグバンドを監修・指導するトランペット奏者

清水 康弘さん

3月14日号

安彦(あびこ) 考真(たかまさ)さん

Jリーグ史上最年長デビューをめざし、今季YSCC横浜に新加入した

安彦(あびこ) 考真(たかまさ)さん

3月7日号

三田 修平さん

移動式本屋を営み「横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム@旭区」で講演した

三田 修平さん

2月21日号

土田 直美さん

「中学生と赤ちゃんのふれあい交流会」を始めた南希望が丘中学校の養護教諭

土田 直美さん

2月14日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

旭区選挙管理委員会

4月7日(日)は 「統一地方選挙」 市会・県会・知事

http://www.city.yokohama.lg.jp/senkyo/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵本で動物楽しむ

旭 区

絵本で動物楽しむ

ズーラシアでイベント

3月28日~4月4日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク