旭区版 掲載号:2018年3月1日号
  • googleplus
  • LINE

花博招致基本構想案 経済波及効果を盛り込む 市、年度内に策定へ

社会

専門家が基本構想案について審議した
専門家が基本構想案について審議した
 横浜市が2026年に旧上瀬谷通信施設での開催を目指す「国際園芸博覧会」について、有識者で構成される第6回招致検討委員会が2月13日に中区であり、経済波及効果などを示した基本構想案が審議された。市では2月28日に委員会から発表された答申に基づき、2017年度中に構想案を策定する予定。

 市は昨年12月、基本理念や事業コンセプト、会場構成などを盛り込んだ素案を作成。跡地内の国有地を中心に約80〜100ヘクタールの規模で開催し、想定入場者数は1500万人以上などと発表していた。年末から1月にかけて市民意見を募り、431人から意見提出があった。13日の構想案は、これらの意見を踏まえて作成されたもの。

公共事業の費用も

 今回の構想案には、全国への経済波及効果の試算額が新たに盛り込まれた。主催者や出展者による会場建設・運営費、観客の消費者支出などによって、現時点で約8800〜9100億円と推計している。

 また、開催に伴う関連公共事業の費用も追加。資料によると、会場となる都市公園の整備、周辺幹線道路の改良、下水道事業などを合わせて現段階で600億円程度かかると試算されている。開催にあたり、来場者を輸送するための新交通システムの導入が検討されているが、これは試算額に計上されていない。

 市では、今年度中に策定予定の構想案をもって、開催主体である国に招致を働きかける。開催にあたっては、国際園芸家協会などの認証が必要になる。

旭区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク