旭区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人 小川名 慎吾さん 下川井町在住

旭の農業に新たな面白みを

 ○…3年ぶりに復活した旭区発の芋焼酎「一里山」と「みんなの氣力」。原料であるサツマイモの生産に、仲間の農家たちと6軒で携わった。きっかけは約2年前、焼酎づくりの発起人で近所に暮らす小川名剛彦さんに声をかけてもらったこと。「野菜を売るのはプロだけど、それが別のものになるのは初めて」。丹精を込めて栽培したものが、新たな形に生まれ変わる仕事に喜びを感じた。約4tの量を要するため、仲間たちにも協力を要請。「面白そう」と賛同してくれ、生産が再開した。

 ○…実家は下川井町で1500年代から代々続く農家だが、若い頃は「継ぐのが嫌だった」と明かす。大学卒業後は旅行会社へ就職し、企画や営業、広告企画に携わった。30歳前後で仕事を見直したとき、「いずれは農業を継がなければ」と思い、退職。父親からも農業のノウハウを学んだ。「失敗してもすべて自分の責任。一人ですべてを背負う分、人との関わり方で気持ちが楽にもなった」

 ○…町内に複数の畑と田んぼを有し、よこはま動物園ズーラシアの動物たちのエサや旬の野菜、コメなどを生産する。採れた野菜は地元スーパーや元町のカフェなどにも納品。「地域消費が一番。太陽の光をいっぱい浴びた、採れたての新鮮な野菜を食べる方が体には良いから」と微笑む。

 ○…休みもなく、厳しさを伴う農業。「作物をつくるのは難しい。毎年気候条件も違うし、去年と同じ方法が通じるわけでもない」。念頭にあるのは「良いものをつくりたい」という一点だ。道具を変えてみるなど、工夫や試行錯誤も重ねる。焼酎のための芋づくりは、これまでの仕事とは異なりある意味挑戦でもある。「ボジョレー・ヌーヴォーみたいに、その年の芋の出来具合によって味が変わるのも面白いかも」

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版の人物風土記最新6件

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

5月16日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

4月11日号

佐藤 修さん

3月13日付で旭警察署の署長に就任した

佐藤 修さん

4月4日号

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

3月28日号

TOMORUFUさん(本名 古本貴美子)

消しゴムはんこ作家として、「どんぐりマルシェ」に出店する

TOMORUFUさん(本名 古本貴美子)

3月21日号

清水 康弘さん

横浜旭ジャズまつり特別編成ビッグバンドを監修・指導するトランペット奏者

清水 康弘さん

3月14日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

杉山兄弟が「しゃぼん玉」披露

杉山兄弟が「しゃぼん玉」披露

20日に上の原幼稚園

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク