旭区版 掲載号:2018年12月6日号 エリアトップへ

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人 小川名 慎吾さん 下川井町在住

掲載号:2018年12月6日号

  • LINE
  • hatena

旭の農業に新たな面白みを

 ○…3年ぶりに復活した旭区発の芋焼酎「一里山」と「みんなの氣力」。原料であるサツマイモの生産に、仲間の農家たちと6軒で携わった。きっかけは約2年前、焼酎づくりの発起人で近所に暮らす小川名剛彦さんに声をかけてもらったこと。「野菜を売るのはプロだけど、それが別のものになるのは初めて」。丹精を込めて栽培したものが、新たな形に生まれ変わる仕事に喜びを感じた。約4tの量を要するため、仲間たちにも協力を要請。「面白そう」と賛同してくれ、生産が再開した。

 ○…実家は下川井町で1500年代から代々続く農家だが、若い頃は「継ぐのが嫌だった」と明かす。大学卒業後は旅行会社へ就職し、企画や営業、広告企画に携わった。30歳前後で仕事を見直したとき、「いずれは農業を継がなければ」と思い、退職。父親からも農業のノウハウを学んだ。「失敗してもすべて自分の責任。一人ですべてを背負う分、人との関わり方で気持ちが楽にもなった」

 ○…町内に複数の畑と田んぼを有し、よこはま動物園ズーラシアの動物たちのエサや旬の野菜、コメなどを生産する。採れた野菜は地元スーパーや元町のカフェなどにも納品。「地域消費が一番。太陽の光をいっぱい浴びた、採れたての新鮮な野菜を食べる方が体には良いから」と微笑む。

 ○…休みもなく、厳しさを伴う農業。「作物をつくるのは難しい。毎年気候条件も違うし、去年と同じ方法が通じるわけでもない」。念頭にあるのは「良いものをつくりたい」という一点だ。道具を変えてみるなど、工夫や試行錯誤も重ねる。焼酎のための芋づくりは、これまでの仕事とは異なりある意味挑戦でもある。「ボジョレー・ヌーヴォーみたいに、その年の芋の出来具合によって味が変わるのも面白いかも」

旭区版の人物風土記最新6

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月17日号

柳沢 響月(きづき)さん

レーシングカートのレーサーとして活躍する

柳沢 響月(きづき)さん

中白根在住 13歳

6月3日号

権藤 由紀子さん

今年度から旭区長に就任した

権藤 由紀子さん

市内在住 55歳

5月27日号

金沢 哲男さん

日本高校野球連盟の2020年度「育成功労賞」に選ばれた

金沢 哲男さん

横浜商科大学高校在勤 63歳

5月20日号

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

市内在住 21歳

5月13日号

丹野 康佑さん

認知症サポーター養成講座のボランティア講師団体「旭区ひまわりの会」の代表になった

丹野 康佑さん

南希望が丘在住 80歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter