旭区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

「都心直通で”選ばれる沿線”へ」 相鉄ホールディングス株式会社

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 ――今年11月30日に開業する「相鉄・JR直通線」により、旭区で今後期待できる効果や影響とは。

 「都心まで乗り換えなしでスピーディーに結ばれるため、通勤・通学の利便性が飛躍的に向上します。相鉄線沿線の認知度はもとより、旭区でも沿線価値や拠点性が向上するものと考えています」

 ――2013年から取り組まれてきた二俣川駅南口再開発や、南万騎が原駅周辺リノベーションプロジェクトのコンセプトとは。

 「二俣川駅南口再開発では交通広場の再整備を図り『住む・働く・集う』の都市機能をコンパクトに集積しています。街の魅力を向上させ、相鉄線の新しい象徴となるプロジェクトです。南万騎が原駅前は幅広い世代が安心して暮らせるように、賃貸、分譲、サービス付き高齢者住宅といった多様な居住形態を整備しているのが特徴的で、エリア内での”住み替え循環”を目指しています。保育施設やこども自然公園が近いこともあり『安心して子育てができるまち』もコンセプトの柱です」

 ――旭区の魅力や今後の課題をどう考えますか。

 「相鉄線の中核エリアである旭区は相互直通で都心と同等の利便性がありながら、豊かな自然と子育てにも適した環境が特色だと考えています。課題は郊外住宅地の成熟化と高齢化です。南万騎が原エリアの住み替え循環などにより沿線外から若年層やファミリー層を呼び込むことで、人口流入や沿線活性化を図っていきたいです」

 ――新時代での街づくりにおける決意とは。

 「旭区誕生50周年の記念の節目に、JR線との相互直通がスタートします。新型車両が都内を走る日も間もなくです。大幅な利便性向上を契機にして『選ばれる沿線』となるよう、沿線の認知度・価値向上の取り組みを、ハード・ソフトの両面から進めていきます」

旭区版のローカルニュース最新6

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

老人ホームへマスク寄贈

【Web限定記事】ボーイスカウト横浜第107団

老人ホームへマスク寄贈 社会

高校生が手作り

6月4日号

高3生に部活の花道を

高3生に部活の花道を スポーツ

インターネットで署名募る

6月4日号

「行幸」記念碑を建立

帆船日本丸

「行幸」記念碑を建立 社会

市内石材店が施工に尽力

6月4日号

住民描いたアマビエ登場

【Web限定記事】

住民描いたアマビエ登場 経済

左近山で商店とコラボ

6月4日号

区役所に善意のマスク

【Web限定記事】区内在住女性

区役所に善意のマスク 社会

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク