旭区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

「賑やかで快適なまちに」 (株)アンドー・安藤公一代表取締役

社会

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
地元・鶴ヶ峰で幅広く事業を展開する安藤さん
地元・鶴ヶ峰で幅広く事業を展開する安藤さん

 地元・鶴ヶ峰で不動産賃貸業やフィットネスクラブなど幅広い事業を営む「(株)アンドー」の安藤公一代表取締役。現在も本社のある、鶴ヶ峰北口の商店街の一角で幼少期を過ごした。「昔はみんな1階が店舗になっていて、2階で生活してる店ばかりだったよ」と懐かしむ。小学校から電車通学をしていた安藤さんは「昔の駅は今みたいに2階の駅舎ではなくてね。踏切も今の小さい方の踏切しかなかった」と話す。分区前の当時は住所も「鶴ヶ峰」ではなく、「保土ヶ谷区川島町だったんだよ」。昔から道路は変わっていないが、商店街の店舗は今とは違い「乾物、金物、洋品、電気や洋裁学校もあった」と振り返る。

相鉄地下化と再開発

 相鉄線の連続立体交差事業が進行中の鶴ヶ峰駅周辺。線路の地下化と並行して北口再開発が検討されている。鶴ヶ峰駅北口周辺地区まちづくり協議会の理事長を務める安藤さんは「現在、勉強会を重ね準備を進めています。まずは地権者の同意が必要です」と話す。その上で「駅周辺を利用する若い人たちなどの意見を聞く機会をつくり、多くの人が集い、快適に暮らし続けられるまちになれば」と将来の鶴ヶ峰に対する思いを話した。

旭区版のローカルニュース最新6

あさひくんら港を行進

あさひくんら港を行進 文化

3年ぶり国際仮装行列

5月12日号

あさひくんが出現!?

あさひくんが出現!? 文化

区がARを導入

5月12日号

開催概要を発表

横浜音祭り

開催概要を発表 文化

約250のプログラムを展開

5月12日号

コンサートに10人招待

読者プレゼント

コンサートに10人招待 文化

サンハートで29日

5月12日号

あっとほーむデスク

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook