旭区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

旭警察署長に就任した 荒井 卓夫さん 本村町在勤 58歳

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena

署員一丸、地域の安全守る

 ○…旭警察署の第35代署長として9月16日付で着任した。旭署は約30年ぶりの配属で、「庁舎はあの頃のまま」と感慨深げに語る。当時は地域課に1年半ほど勤務。「土地勘がある」と、地域の安全を守るのに欠かせない強みを話す。今回が初の署長職。重点を置くのは「警察署員の連携」と「職務に従事するための環境づくり」だ。「警察官がやるべきことは地域の皆様の安全を守ること。そのために署員一丸となる必要がある」と力強く抱負を述べる。

 ○…茨城県出身、実家は米や野菜などを生産する農家だった。外遊びが好きなわんぱく少年で、「兄と遊んでいた時についた傷が今でも残っているんです」と撫でた目の上の傷跡が当時のやんちゃぶりを物語る。中高時代は剣道に熱中。試合に勝つことをモチベーションに練習に明け暮れる日々を過ごした。高校卒業後はおじが勤める神奈川県警察に親しみを抱き入職を決意。自慢の運動神経を武器に、警察官の道を突き進んできた。

 ○…警察人生では機動隊を中心に、地域課や県警本部の警備課長などに従事。ラグビーワールドカップ2019や今夏の東京オリンピックでの警備にもあたった。数多くの経験の中で特に衝撃を受けたのが、機動隊時代に直面した御巣鷹山の飛行機墜落事故。道がなく現場に赴くのも困難で、限られた物資を活用しなければならない状況に、「こうした非常事態のために日々訓練をしているんだ」と強く実感した。

 ○…趣味はジョギング。機動隊の頃は若手隊員とともに走るため体力づくりが欠かせず、自宅近辺を駆けるのが日課だった。「警察官は常に地域住民の立場に立つ」という信念のもと、相手の立場を考える姿勢を大切に、安心安全なまちづくりのために奮闘する。

旭区版の人物風土記最新6

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

菅原 康太さん

左近山団地で住民対象の撮影会「左近山とわたし」を開催している写真家

菅原 康太さん

栄区在住 40歳

11月18日号

青木 保潔(やすゆき)さん

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある

青木 保潔(やすゆき)さん

矢指町在住 58歳

11月11日号

新川(にっかわ) 敬一さん

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した

新川(にっかわ) 敬一さん

今宿南町在住 29歳

11月4日号

沼田 真一さん

「あさひブックデイ」を主催する旭区まちづくりポットの代表を務める

沼田 真一さん

鶴ヶ峰在住 43歳

10月28日号

岩崎 泉さん

「ようちえんカフェ&マルシェ」を主催する上白根幼稚園の園長

岩崎 泉さん

上白根在住 64歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook