旭区版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

(PR)

「お金の終活」で安心の老後を 家族に財産を託す”家族信託”

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena
県司法書士会所属の田近所長
県司法書士会所属の田近所長

 もしも自分や家族が「認知症」になったら、財産管理に制限がかかり様々な”お金の問題”が起こる可能性がある。主なリスクには「家族でも銀行口座から預金を下ろせない」「不動産管理や処分ができない」「遺言書を作成できず書いても無効になる」がある。

 有効な対策のひとつが信頼できる家族に財産を託す「家族信託」。認知症発症前に、本人の希望のもと家族で相談し信託契約を結ぶことで満足のいく財産活用ができる。

 田近淳司法書士事務所=二俣川駅徒歩2分=では、多くの相続対策を扱いサポートする。田近所長は「家族信託は成年後見制度のように裁判所が関与せず、家族主体で財産管理できる」と話す。初回相談無料。

■田近淳司法書士事務所【電話】045・361・4270/旭区二俣川1の46の21橋本ビル2階/Zoom面談可

田近淳 司法書士事務所

横浜市旭区二俣川1-46-21橋本ビル2階

TEL:045-361-4270

http://www.tajika.jp/

旭区版のピックアップ(PR)最新6

支援ロボでより精度を高く

「人工ひざ関節手術」 聖マリ西部病院

支援ロボでより精度を高く

12月2日号

万騎が原の家族葬専用ホール

万騎が原の家族葬専用ホール

 葬儀連載【3】「斎場の選び方」

12月2日号

暮らしとこころの相談会

相談無料

暮らしとこころの相談会

弁護士会、予約受付中

12月2日号

不動産問題に対応

不動産問題に対応

宅建協会が無料相談会

12月2日号

ふるさと納税セミナー

ふるさと納税セミナー

年末駆け込みもOK!ポイントと注意点を解説

11月25日号

土地建物を地域の福祉へ

無料セミナー

土地建物を地域の福祉へ

12月14日、旭公会堂で

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook