泉区版 掲載号:2012年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

横浜DeNAベイスターズの球団社長に就任した 池田 純さん 泉区出身 35歳

若さを武器に球団に新風

 ○…「横浜DeNAベイスターズ誕生」。そのニュースと同時に発表された人事は、驚きと期待をもって迎えられた。球界最年少となる35歳での球団社長就任。短く切り揃えた髪にさりげなく流行を取り入れたファッションが、年齢以上に若く見せるが言葉には自信が溢れる。「ファンや市民をハッピーにしたい。それが全国に12しかないプロ野球球団としての責任だと思う」。

 ○…若さに注目が集まるが、経営の手腕は折り紙つきだ。早大卒業後、商社や広告代理店を経てコンサルティング会社を設立。顧客の一つだったディー・エヌ・エーから請われ、07年に同社へ入社すると、経営幹部として成長を支えてきた。球団社長就任後は慌しい日々が続く。帰宅はいつも深夜だが「若さが僕の武器。無理はききます」と笑う。地域貢献について考える人材の公募を表明するなど、新しいアイデアを次々と形にしているが「過程で一喜一憂はしません」ときっぱり。「本当の成果はチームを強くすること、ファンをスタジアムに呼び戻すことですから」。経営のプロとしてあくまで結果にこだわる。

 ○…中区出身、いずみ野小・中学校に通った「ハマっ子」。小学生の頃、野球チームの球友たちと何度も横浜スタジアムに足を運んだ。そこで躍動する大洋ホエールズの選手は「憧れの存在でした」。だからこそ球界参入の話を聞いた時、「やるのは僕しかいない」と直感した。ちょうど春田真会長も「社長は池田に」と考えていたという。積み重ねた経験と周囲からの信頼、そして故郷への思い。その全てがかみ合った瞬間に「大きな縁を感じます」。

 ○…実はどうしても獲得したいファンがいる。4歳になる娘だ。兵庫県育ちで大の阪神ファンという妻の影響でこれまではタイガースを応援していたという。「妻は文句を言っていますが(笑)、娘は必ずベイスターズファンにします。そのためにも強く魅力のある球団にしますよ」。
 

泉区版の人物風土記最新6件

遠藤 瑞行さん

スポーツ推進委員として25年地域で活動する

遠藤 瑞行さん

2月8日号

杉山 金夫さん

自作の昔遊び道具で子どもたちに遊びを教える

杉山 金夫さん

2月1日号

小山 正子さん

上飯田地区センターで味噌づくり教室の講師を務める

小山 正子さん

1月25日号

永田 文夫さん

新橋コミュニティハウスで教室を開く折り紙師範の

永田 文夫さん

1月11日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月4日号

西村 信子さん

障がいがある娘と共に歩む日々の記録映画が上映される

西村 信子さん

1月1日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク