泉区版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

東泉寺 春鴻の句碑建立 震災被災者を思い

文化

 下飯田町の巨木山東泉寺(関水俊道住職)で3月12日、江戸中期に活躍した俳人で同寺とゆかりのある、美濃口春鴻(みのぐちしゅんこう)の句「人もかく 老て秋たつ 眉毛哉」が刻まれた句碑の除幕式が行われた。

 春鴻(1733-1803)は相模国鎌倉郡下飯田村(現・泉区下飯田町)出身。松尾芭蕉門下、相模俳壇の重鎮で、晩年は大磯鴫立庵(しぎたつあん)庵主の後見人として活躍した人物として知られる。

 今回刻まれた句は春鴻が49歳のとき詠んだもの。平和を願い1783年(天明3年)に建てられた同寺の山門「天明門」の修復再建のため、1993年に行われた工事でみつかった、山門の肘木に刻まれた5首のうちの一つだ。

 同年の浅間山噴火で下飯田村でも地震が8日間、雨天が1ヵ月続き、各地で天明の大飢饉に見舞われた。多くの被害者が出たことに対し、復興の思いを残した句とされる。

 関水住職は以前から句碑建立を考えていたが、「句が書かれた時代も大変だっただろうし、今も同じ。被害復興に向けた願いを受け継ぎたいと思った」と、東日本大震災から1年経つことを機に建立することを決めた。
 

泉区版のトップニュース最新6件

市民の入会呼びかけ

いずみ歌舞伎保存会

市民の入会呼びかけ

2月15日号

中田の看板お色直し

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

「宮ノ前テラス」に助成決まる

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

コール曙が30周年

女声コーラス

コール曙が30周年

2月1日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク