泉区版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

東京六大学野球・春季リーグで首位打者に輝いた 阿加多(あがた)直樹さん 慶應義塾大4年 21歳

直感で「思い切りやる」

 ○…今季リーグ戦では12試合に出場し、4割4分7厘の高打率を記録。開幕当初は不調だったが、球種を問わず多方向に打ち分ける広角打法で活路を見出した。「能力任せにしないで、試合の中で悪い部分を修正できた」と手応えを語る。

 ○…部員約200人のうち捕手は20人近い。「自分がマスクをかぶるときは、全員分の気持ちを背負ってプレーする」。頭にあるのは「全試合で完封するイメージ」。投手が気持ちよく投げられるようリードし、チームが掲げる「少ないチャンスで守り勝つ野球」を追求する。昨春のリーグ制覇後、全日本大学選手権では決勝で藤岡貴裕投手(現ロッテ)擁する東洋大と対峙し、延長10回、1―3でサヨナラ負けした。「甘く入ったのをホームランされた」。1球の重みを肌で感じた。

 ○…野球との出合いは小5のとき、2歳年下の弟・優樹君と入った少年野球、西が岡ベアーズ。領家中時代は硬式野球の横浜旭ベースボールクラブに所属し、正捕手で主将を務め、3年間無欠席の特別表彰も受けた。「野球だけでなく人として、広田(金一)理事長や監督、コーチが親身に指導してくれた」。大会が3年の12月まで続く中、受験勉強を両立させ慶應義塾高へ。野球部では3年夏、外野手で主軸の5番打者として甲子園ベスト8の成績を残した。「いろんなポジションを経験しながら、紆余曲折してレギュラーになれたことは貴重な財産」。大舞台の緊張を快感に変え、心底楽しめたことが良き思い出だ。

 ○…少年時代からクラブ運営の補助や移動、食事などあらゆる場面でサポートしてくれた両親を尊敬し、感謝している。「支えてくれる人たちへの恩返しとして、慶應で日本一になりたい」。野球部ウェブサイトの選手紹介ページでは、信条に「泰然自若」をあげているが、「カッコよかったから、フィーリングで」と笑う。「ビッグになりたい」という果てしない夢に向かって、マイペースで走り続ける。
 

泉区版の人物風土記最新6件

遠藤 瑞行さん

スポーツ推進委員として25年地域で活動する

遠藤 瑞行さん

2月8日号

杉山 金夫さん

自作の昔遊び道具で子どもたちに遊びを教える

杉山 金夫さん

2月1日号

小山 正子さん

上飯田地区センターで味噌づくり教室の講師を務める

小山 正子さん

1月25日号

永田 文夫さん

新橋コミュニティハウスで教室を開く折り紙師範の

永田 文夫さん

1月11日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月4日号

西村 信子さん

障がいがある娘と共に歩む日々の記録映画が上映される

西村 信子さん

1月1日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク