泉区版 掲載号:2013年10月24日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 産後の育児不安を軽減へ 助産院が母子サポート

泉区の豊倉助産院
泉区の豊倉助産院
 横浜市は国に先駆け、「産後母子ケアモデル事業」を10月から開始した。緑園の豊倉助産院など市内8カ所の助産院で産後4カ月までの母子をサポートするもので、産後の育児不安の軽減を目指す。

 同事業は出産直後の母親に家庭的な環境の助産院で安心してサービスを受けてもらうことで、赤ちゃんとの生活に慣れ、育児不安の解消や児童虐待等の未然防止につなげるもの。助産師が母親の健康管理のアドバイス、赤ちゃんの発育・発達に関する指導などきめ細やかな支援を行う。

 産後母子ショートステイやデイケアを最大7日間利用でき、例えば2泊3日利用したら日を変えて残りを利用するなど、自由な組み合わせができる。

 サービス利用時間が長く設定されており、デイケアは最長8時間1日2食で2000円、ショートステイは1泊2日1日3食で6000円。市民税非課税世帯の利用者は減免制度がある。利用対象者は生後4カ月未満の子を持つ母親で、横浜市民であること、家族などから産後の援助が受けられない、育児不安等が強く支援を必要とする、母子共に医療行為が必要ない、の4点すべてに当てはまることが条件。

 利用希望者は、各区こども家庭支援課へ問い合わせる。育児不安の度合いや家族の援助など、個人によって状況は異なるため、保健師が直接ヒアリングを行った上で判断し、利用可能な場合は市が各助産院の空き状況を見て受け入れ先を決定する。

 委託先の助産院は市が今年7月に公募し、10件の応募の中から、審査を通過した8件を選んだ。豊倉助産院は1994年に開院し、安心して出産を迎えられるよう自然分娩と母乳育児のサポートを行ってきた。1年前から産後ケアに特化した助産院を東京都赤坂で開設している。豊倉節子院長は「横浜市が事業化するということで手を挙げた。高齢出産や産後うつ、家族の協力が得られず孤立化してしまうなど、育児で悩む人の手助けができれば」と話し、利用拡大を期待する。

 市こども青少年局こども家庭課の近藤政代課長は「あくまでモデル事業。来年の3月以降継続するかどうかは今後の利用状況で変わってくる。このサービスが意味のあるものになっているかどうかが重要」と話し、月1回の状況報告を加味しながら今後の対応を決めていく。

暑中お見舞い申し上げます

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

中田地区学童保育所運営委員会

横浜市泉区の中田地区で5カ所の学童保育を運営しています

http://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/10kodomo/03gakkou/houkagozidoukurabu.html

<PR>

泉区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

四季の会が活動30年目へ

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

来年4月から1年休館

泉公会堂

来年4月から1年休館

7月19日号

「10月頃まで油断禁物」

熱中症

「10月頃まで油断禁物」

7月12日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク