泉区版 掲載号:2014年11月6日号 エリアトップへ

崎本彩夢さん 「横浜の海をきれいに」 環境絵日記で大賞

教育

掲載号:2014年11月6日号

  • LINE
  • hatena
作品入りカレンダーを手に笑顔
作品入りカレンダーを手に笑顔

 横浜市資源リサイクル事業協同組合(神奈川区・高田哲二理事長)主催による市内の小学生を対象にした環境絵日記展の表彰式が、10月26日に大さん橋ホール(中区)で開かれた。応募者2万2306人の中から中田小学校4年の崎本彩夢(あやめ)さんが大賞を受賞した。

 環境問題や保全について、子どもたちが家庭で話し合ったことや自分で考えた内容を自由に表現するもので、今年で15回目。環境問題について家族で考え、正しい知識と意識を身につける狙いがある。

 今年度のテーマは「家族や身近な人たちと考える環境未来都市」。崎本さんは「洗剤を使うと汚い水が海に流れるから」と、古新聞を用いて窓拭きの手伝いをしている。家庭での工夫を文章で書き、「港町横浜の海が、世界で一番きれいになったら」という気持ちで、海中に人と魚が暮らす様子を描いた。

 審査員からは色使いや構図が評価されたが、中央の魚が人を連れて移動する様子に「姉や学校の友達に浦島太郎みたいと言われた」という。失敗したかなと思っていただけに、「一番いい賞と聞いてビックリした」と受賞の喜びを話した。

豊富なアイデアで作品制作

 崎本さんは山下公園での写生大会に毎年参加するなど、絵を描くことや工作が大好き。小学校では自然科学クラブに所属し、同級生らと永遠に飛ぶ紙飛行機作りに励んでいる。頭に浮かんだいくつかのデザインを下書きし、その中から選別して描くというのがオリジナルのスタイルだという。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

写真で楽しむ「さくらまつり」

【WEB限定記事】

写真で楽しむ「さくらまつり」 社会

〜横浜市泉区編〜

4月2日号

サイトをスマホに最適化

サイトをスマホに最適化 社会

子育て世代の閲覧意識

4月2日号

区民ホールに金澤さんの書

泉区が定住意向1位

市民意識調査

泉区が定住意向1位 社会

4月2日号

ネット公開始まる

国宝・金沢文庫文書

ネット公開始まる 社会

4月2日号

里山ガーデン延期

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク