泉区版 掲載号:2015年2月5日号 エリアトップへ

飯田北いちょう小 校歌と校章が決定 卒業式に向け、準備進む

教育

掲載号:2015年2月5日号

  • LINE
  • hatena
校歌額の制作に取り組む6年生の児童
校歌額の制作に取り組む6年生の児童

 昨年開校した飯田北いちょう小学校(上飯田町・田中秀仁校長)の校歌と校章がこのほど決定し、1月24日に児童や保護者、地域関係者に初披露された。6年生は現在、体育館に掲示する校歌額の製作に取り掛かっている。

 児童数減少により飯田北小学校といちょう小学校が統合し、昨年4月に開校した同校。近隣には外国人世帯が多く住む県営いちょう団地があることから、全校の4割近くが外国籍の児童だ。その特徴から、他国の文化に触れるなど多文化共生を盛り込んだ授業づくりに力を入れ、学校目標でもある「世界へはばたく」を実践している。

 開校当初から、第1期卒業生を送り出す前に校歌と校章を作りたいと校内で話し合いを重ねてきた。6月には各学年の代表児童らと教職員が集まり「校歌・校章プロジェクト」を結成。夏休みの期間を利用し、学校のイメージや区を象徴する単語やデザインを募集した。集まった単語を集計してまとめ、ブラジル音楽ピアニストの今井亮太郎さんに作詞作曲を依頼。24日には今井さんが同校を訪れ「世界の子どもたちが楽しく集っている校風と、広がるのどかな情景を大切にして作った」と曲のイメージを話したのち、弾き語りで披露した。

2校の思い反映

 校章は手書きのデザインとそれに込めた思いを募集。4作品の中から全校児童で投票し、飯田の米を描いた6年生の女子生徒のデザインが選ばれた。これに加え、プロジェクトメンバーから統合前の2校の校章を使いたいと案が出て、一部を採用。飯田北小の「桑の葉」と、いちょう小の「いちょうの葉」を取り入れた校章が完成した。田中校長は「子どもたちの手で作られ、願いが込められた校歌、校章。感慨深い」と話す。

木版は460枚

 6年生児童56人は現在、卒業制作として体育館に掲示する校歌額作りに取り組む。1枚の木版に文字を転写。彫刻刀で彫り、やすりがけをしたのち、色を塗るところまでの作業だ。6年生の担任を務める吉成純一教諭は「この年にしかできないことを児童たちも理解している分、意欲を感じる。一文字一文字気持ちが込められているので、完成が楽しみ」と話した。卒業式は、3月20日に行われる予定。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

新公園の愛護会に

就労支援施設ぶどうの樹

新公園の愛護会に 社会

NPOでは区内初

8月5日号

楽曲彩る写真を募集

泉公会堂30周年記念

楽曲彩る写真を募集 社会

「中和田いずみの歌」公開

8月5日号

森林コンサートが好評

中田東

森林コンサートが好評 文化

ピアノ奏者・丹生谷さん

7月29日号

2年ぶり全国舞台へ

横浜泉中央ボーイズ

2年ぶり全国舞台へ スポーツ

昨年春の中止乗り越え

7月29日号

コロナ禍で増加傾向続く

泉区内家庭ごみ

コロナ禍で増加傾向続く 社会

市「食品ロス削減を」

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter