泉区版 掲載号:2015年9月17日号 エリアトップへ

ヒップホップダンス 世界大会でメダル獲得 渡辺さん(中田中)と市川さん(泉が丘中)

文化

掲載号:2015年9月17日号

  • LINE
  • hatena
渡辺さん(右から2人目)・市川さん(同4人目)
渡辺さん(右から2人目)・市川さん(同4人目)

 渡辺実優さん(中田中3年)と市川莞大さん(泉が丘中1年)の2人が米・サンディエゴで開かれたヒップホップダンスの世界大会(8月4〜9日)でメダルを獲得し、9月8日に泉区役所で下村区長に報告した。

 2人が出場した「WORLD HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIP」にはおよそ50カ国から代表チームが出場。大会は、年齢と編成でジュニア、バーシティー、アダルト、メガクルーの4部門に分けられ戦いが繰り広げられた。渡辺さんはチーム「KANA―BOON!」の一員としてバーシティー部門に出場。61チームによる激戦を勝ち抜き、見事ワールドチャンピオンの座を勝ち取った。予選から準決勝まではフィリピンのチームに次いで2位の成績だったが、6チームによる決勝を「準決勝までとは気持ちを切り替えて臨んだ。最後の最後に勝つことができ、嬉しかったです」と笑顔で振り返った。

 市川さんは「NEXT Jr.」の一員としてジュニア部門に出場。36チームの中で準優勝に輝いた。市川さんは「世界大会は初めてだったので不安な部分もあったが、チーム内でお互いの気持ちを高め合い、この結果が残せてうれしいです」と喜びを露わにした。

基本徹底でつかんだ栄冠

 同大会の演技時間はそれぞれ2分と1分半。音楽性やシンクロ、動きの難度や完成度といった技術点と創造性やバランスなどといった芸術点の2面からジャッジされ得点が決まる。激しい動きを続ける体力も欠かせない要素だ。

 2人が所属するStudio HANAの深澤きよ美さんは「現地でも暇さえあれば振り付けの動きを確認するなど、2人とも、とにかく練習熱心。それでいて基本に忠実。そうした努力が結果につながったと思う」と話した。

 2人の来庁を拍手と花束で迎えた下村直泉区長は「泉区の中学生のお2人が世界の舞台で活躍し、好成績を収められたことをとても嬉しく思います。また練習に励んで、ぜひ来年もいい報告を聞かせて下さい」と健闘をたたえた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

園芸男子が奮闘中

秀英高校

園芸男子が奮闘中 社会

「まずは部活動昇格」めざす

7月18日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 社会

検討会設置し、方向性探る

7月18日号

四季の会が30周年祝う

四季の会が30周年祝う 社会

「信頼」で障害理解を推進

7月11日号

司書選ぶ「子育て本」人気

司書選ぶ「子育て本」人気 社会

実体験に役立つ選考が妙

7月11日号

公民連携し魅力ある公園へ

横浜市

公民連携し魅力ある公園へ 社会

基本方針を策定

7月4日号

カレーで「泉」をPR

カレーで「泉」をPR 社会

区内7店舗で限定メニュー

7月4日号

毎朝ラジオ体操13年目

いずみ中央地域ケアプラザ

毎朝ラジオ体操13年目 社会

相互の体調確認の場にも

6月27日号

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク