泉区版 掲載号:2016年1月7日号 エリアトップへ

「人らしさ」に親近感 ヒト科のテナガザル

社会

掲載号:2016年1月7日号

  • LINE
  • hatena
ユウタロウ(右)とインタン=同園提供
ユウタロウ(右)とインタン=同園提供

 今年は申年。2016年の主役に躍りでたサルだが、名前に「サル」とつきながら「本当はサルではない」動物が存在する。シロテテナガザルだ。

 金沢動物園(金沢区)で暮らすシロテテナガザルのユウタロウ(雄)とインタン(雌)。長い手を生かして枝から枝へゆらりと渡るしぐさ、木登りの俊敏さ――動き回る姿はサルそのものだが、特徴であるしっぽがない。「ゴリラやチンパンジーなどと同じ類人猿の仲間。ニホンザルのように群れないのも、人間と一緒で家族単位で生きているから」と話すのは、飼育担当の森田菜摘さん。シロテテナガザルは「ヒト科」に分類され、霊長類の中でもより人間に近い動物だという。「数える時に『人』と使っても間違いではない」

「名前だけでも知って」

 表情豊かで知能の高い2頭。「まずいものを食べた時の顔、お客さんに惚れてトロンとなる目、見ていて飽きない」とほほ笑む。ある時、飼育部屋に戻りたくないユウタロウをエサでつろうと試みた時があった。部屋の奥にエサを置くものの、扉が閉まらないよう足をかけ必死に腕をのばすユウタロウ。「頭上に『あ、何かいる』という顔をした」。つられて目を離すとエサもユウタロウも消えていた。「感性が人に近いのでは。親近感がわく動物」

 メスのインタンは「歌声」と呼ばれるほどの美声の持ち主。「一度聞いてもらえたら」と森田さん。2頭とも指をしゃぶるのも愛らしい。ちなみに、ユウタロウが右手でインタンが左手。人の手で育ったため癖がついたと考えられている。「未知の部分が多くまだまだ知られていない動物。会いにきて、名前だけでも知ってほしい」と呼びかけた。

インタンに話しかける森田さん
インタンに話しかける森田さん

泉区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市泉区の陽性者、10月14日までの1週間で4人増

カレースキジャー、ツイッター始める

【Web限定記事】

カレースキジャー、ツイッター始める 社会

横浜市泉区商店街連合会非公認キャラ

10月21日号

高額被害が急増中

特殊詐欺

高額被害が急増中 社会

展示で警戒促す

10月21日号

みらい塾が10周年

みらい塾が10周年 社会

地域の担い手育成講座

10月21日号

秋のお散歩ウォーキング

秋のお散歩ウォーキング 社会

健康遊具の使い方案内も

10月21日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月21日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook