泉区版 掲載号:2016年1月21日号 エリアトップへ

今年30周年を迎える泉区バドミントン協会の会長を務める 甘粕 完治さん 中田西在住 70歳

掲載号:2016年1月21日号

  • LINE
  • hatena

まずは自ら先陣切って

 ○…「泉区は長年続けている人も多く、試合への参加も積極的。全日本選手権にも十数人が出場するなどレベルも意識も高い」と誇らしげに語る。分区を機に発足し、今年で30周年。当時9チーム約100人だった会員も、今では25チーム約500人と5倍にまで増えた。地域のチームだけでなく、全国を目指す人が集まる強化チームなども設け、それぞれが目的を持ち、競技を楽しんでいる。

 ○…バドミントンを始めたのは20歳のころ。会社のテニス仲間と「雨でもできるから」となんとなく選んだのが運命の分かれ道。「技もたくさんあるし、はまっちゃってね」。バドミントンのとりこになり、仕事後は終電ギリギリまで練習。38歳まで実業団の選手として活躍した後、指導者に転身した。分区前からの役員らで協会を立ち上げてからは「自分が良い成績じゃないと皆にもがんばれとは言えない」と10年のブランクを経て現役に復帰。練習に本腰を入れ、3年目で才能が再び開花。今では全国大会の常連で、ベスト4に入ったこともある。

 ○…藤沢市出身で結婚を機に泉区へ。55歳のときに早期退職し、指導員の資格を取得。さらに自宅で整体院を開き、スポーツ整体なども行う。「故障したときにも役に立てる」と常に頭の中はバドミントン一色だ。孫は6人。自ら教えたい気持ちもあるというが「本人がどうかだね。あと、孫には甘くなっちゃうかもしれない」と照れ臭そうに笑う。

 ○…会員の年齢が上がるにつれ、マスターズなど、新たな大会も開催し、各世代が競技を楽しめるよう尽力してきた。現在はジュニア世代の強化に加え、60歳以上の部を作ろうと模索中。目指すのは、勝ち負けよりも、怪我をせず、健康に楽しめる「生涯スポーツ」としての環境づくり。「スポーツに限らず、何かに打ち込めば、いきいきと健康でいられる」。ピンと背筋を伸ばし、明るい未来を見つめる。

泉区版の人物風土記最新6

佐藤 茂さん

区内では異例の1万3000アクセスを誇る自治会ホームページを管理する

佐藤 茂さん

和泉中央南在住 74歳

9月16日号

美濃口 俊雄 さん

区内初のキャンプ場「自然館泉ベリーキャンプ場」をゆめが丘にオープンした

美濃口 俊雄 さん

下飯田町在住 73歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月2日号

丹生谷  佳惠(にゅうのや かえ)さん

プロピアニストで中田ふれあいの樹林で青空コンサートを行う

丹生谷 佳惠(にゅうのや かえ)さん

中田東在住

8月26日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

中区真砂町在勤 77歳

8月19日号

金井 光さん

泉区医師会の新会長に就任した

金井 光さん

カナイ眼科院長 61歳

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook