泉区版 掲載号:2016年10月6日号 エリアトップへ

泉寿荘で「しんこ細工」を指導している 笠原 しのぶさん 中田南在住 56歳

掲載号:2016年10月6日号

  • LINE
  • hatena

かつての縁日を今に

 ○…「伝統を、先生の技をどうしても残したくて」。上新粉を水でこねて蒸した団子から、手や和ばさみで動物・食べ物などを形作る「しんこ細工」。泉寿荘で月に3回指導し、緑園の「花の生活館」でも開館当初から体験会を続けている。江戸時代からの職人芸だが、今ではしんこ細工師は減り、縁日で見かけることもなくなった。日本で唯一といわれた職人も3年前に引退。自身はプロではないが、伝統を残したいという一心で活動を続けている。

 ○…出合いは25年前。区の広報で見た教室の案内。かつて母からしんこ細工について聞いたことがあり、興味があった。数回の講習では学び足りず、その後講師に弟子入りを志願。助手として泉寿荘で活動を始めた。しかし、もともと高齢だった恩師はそれから5年ほどで他界。以来、教わった技術を守りながら、代わりに教えるようになった。作品は亀や鳥、みかんなど、どれも大きさにして五百円玉ほど。ものの3分で見事な形が浮かび上がる。

 ○…昨年「もっと知ってもらう機会を増やさないと」と野毛大道芸に挑戦。審査を通過し、初めてプロと並び、技を披露した。会場では「素人ですが、玄人のように。まずは格好から」と着物の上に特注の法被をまとい、渋い屋台も用意した。衛生面から昔のように食べられると宣伝できず、残念がる年配者もいたが開始と同時に次々と注文が入った。休みなく作り続け5時間。「かつての縁日を再現できた」という達成感が胸にこみ上げた。

 ○…ガレージ2階の「遊び部屋」。中には中国・ラオス・インド・ブータンなど、アジアを中心に、現地で心奪われた民芸品や民族衣装が整然と並ぶ。若いころは大きな家具まで買い、船便で輸入するなど、アートへの想いは筋金入り。今は愛猫に留守番させたくないと、海外旅行は封印中だが「気になるものがあるとついつい買ってしまう」と満足そうに微笑んだ。

泉区版の人物風土記最新6

松本 紀靖さん

緑園西小学校の児童へ野菜栽培体験のために畑を提供している

松本 紀靖さん

緑園在住 80歳

6月17日号

宿本 諒太さん

市内が拠点のY.S.C.C.横浜フットサルのキャプテンを今季務める

宿本 諒太さん

神奈川区在住 29歳

6月10日号

中丸 彰子さん

美術公募展「県展」で県知事賞を受賞した

中丸 彰子さん

新橋町在住 72歳

6月3日号

福本 翠さん

地域作業所ジョイカンパニーの職員としてウェブを活用した情報発信を行う

福本 翠さん

中田南在勤 43歳

5月27日号

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

市内在住 21歳

5月20日号

田口 篤之さん

4月から下和泉地区センターの新館長に就任した

田口 篤之さん

和泉が丘在勤 62歳

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter