泉区版 掲載号:2017年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

外部人材の校長として4月から泉が丘中学校に着任した 小菅 隆司さん 港南区在住 57歳

「ゼロから男」が学校改革

 ○…「先生の環境を整えることが生徒のためになる。先生が負担なく仕事を心から楽しめる、日本一明るい職員室にしたい」。目標を語る声に熱が入る。民間企業出身のいわゆる「民間人校長」として今春から泉が丘中学校に着任した。この2週間で感じたのは、生徒の純朴さ、教員の熱意、地域の温かさ。「正直なところ、めちゃめちゃワクワクしている」と期待を隠しきれない。

 ○…(株)リコーに約30年勤務。人事・経理・企画・開発など、携わった部門は多岐にわたるが、中でも新規事業参入のエキスパート。「『ゼロから男』と言われましたね。新しいことに挑戦するのが得意というか好き」と笑う。そんな中、4年前母親が脳梗塞で倒れ、介護のために退職。母親が一人暮らしだったことから「独居高齢者を孤独にしない」を目標にリコー時代の部下らと(株)イナシンを設立。見守りや生活支援サービスを3年間行ってきた。

 ○…企業でのマネジメント経験を生かし、新たな風を吹き込むことが役目の一つ。元々教員に憧れ、横浜国立大学教育学部に進学したが、一度は社会経験が必要と考え就職。「いつか先生に」という思いを持ち続けていることを知る部下に背中を押され、昨年度校長への応募に踏み切った。実は自身の中で中学校は唯一、いじめなどの苦い思い出がよみがえると打ち明ける。だが今回、校長としてかかわることで自身の「中学校の記憶」も新たなものに変えてしまう意気込みだ。

 ○…現在、市内で勤務する民間人校長は10人。”異文化”を互いに理解し、新たな視点を受け入れることが大切と考える。「教育の現場は成果が見えづらいが、やった分だけ成果につながるはず」。教員がやりたいことに挑戦し、生徒との時間を持てるよう、尽力したいという。また直近の目標は10年ぶりの学校新聞復活。「書くのが好き。まずは先生紹介がいいかな」と構想は固まっている様子だ。

泉区版の人物風土記最新6件

永田 文夫さん

新橋コミュニティハウスで教室を開く折り紙師範の

永田 文夫さん

1月11日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月4日号

西村 信子さん

障がいがある娘と共に歩む日々の記録映画が上映される

西村 信子さん

1月1日号

飯野 紀子さん

「満福いずみ食堂」の代表として地域の人に温かい食事を提供する

飯野 紀子さん

12月14日号

井野 宏哉さん

切り絵サークルの講師を務め、区内の風景を切り絵に残して歩く

井野 宏哉さん

12月7日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

11月30日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク