泉区版 掲載号:2017年12月14日号 エリアトップへ

「あいうえお」に厚労大臣表彰 松風学園でボラ活動30年

社会

掲載号:2017年12月14日号

  • LINE
  • hatena
(左から)泉澤さん、笹岡さん、小池さん
(左から)泉澤さん、笹岡さん、小池さん

 知的障害者の生活介護型施設「横浜市松風学園」で活動するボランティア「グループあいうえお」が、11月22日に開かれた「全国社会福祉大会」でボランティア功労者厚生労働大臣表彰を受賞した。

 ボランティア功労者表彰は、福祉分野などの活動を率先して行い、その功績が特に顕著であると認められた個人・団体・学校に贈られるもの。選考基準には、活動年数や表彰歴もあり、受賞自体が地域で永年活動している証でもある。

 「グループあいうえお」の現在のメンバーは、代表の笹岡弓子さん、泉澤春美さん、小池純子さん、中込敦子さんの4人。もとは各自が個人ボランティアだったが、まとまることで幅が広がると考え、1987年に立ち上がった。以来、グループとしては30年に渡り活動を続けている。

 活動は毎週木曜日の週1回。最重度で言葉でのコミュニケーションが困難な利用者を中心に、散歩や食事の介助などを行っている。同園職員によると「利用者それぞれの特性を理解して対応するとともに、温かい声がけを続けてくださっている」と話す。活動は介助といった支援にとどまらず、衣類の補修や古着を再利用した使い捨ておしりふきの製作にも及ぶ。

 「楽しいことはみな同じ」。これがグループの合言葉。散歩に出かけたり、一緒に食事をしたり、行事に参加したりと利用者と触れ合うことにメンバー一人ひとりが喜びを感じている。代表の笹岡さんは「『今度はいつ来るの?』という言葉がうれしくて気づけば30年。周囲の方々の協力があってこそ」と笑顔で振り返る。

 「あいうえお」の由来は、グループとしての姿勢を表す「あなたのいつもうしろからえがおをおくるボランティア」からとったもの。力まず、押し付けず、やり過ぎず―。ただ自然体で人と人との関わりを楽しむ姿勢は利用者からも評判だ。受賞を報告した12月7日の学園忘年会。会場からは「いつもありがとう」の声と拍手が響いていた。

衣類の再利用作業
衣類の再利用作業

泉区版のトップニュース最新6

「落雷被害減らしたい」

和泉町在住松本さん

「落雷被害減らしたい」 社会

区内に無償で避雷針設置

9月24日号

170店舗の大型施設

ゆめが丘

170店舗の大型施設 経済

相鉄グループが事業者に

9月24日号

臨時の車線切り替え

中田さちが丘線岡津地区工事

臨時の車線切り替え 社会

本線は今年度末開通へ

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月17日号

国土交通大臣賞を受賞

中川シニア連合弥生クラブ

国土交通大臣賞を受賞 社会

弥生台駅前の美化に尽力

9月10日号

今年はオンラインでも

地域の担い手育成講座

今年はオンラインでも コミュニティ社会

「コロナ禍活動のヒントに」

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク