泉区版 掲載号:2018年2月8日号
  • googleplus
  • LINE

世界で一つだけの染物 マイスター山村さんが伝授

文化

絵付けのアドバイスをする山村さん(左)
絵付けのアドバイスをする山村さん(左)

 染織家の山村助成さんと2代目の山村あゆみさん親子による手描き染め講座が2月2日、立場地区センターで開かれた。

 山村さん親子は和泉町に工房を構える「山村染織工芸」でさまざまな色彩の染物を制作。助成さんは、伝統的な墨流し染めや絞り染めなどを用いるほか、独自の技術として細い線を描くことができるアクションペイントや、幾何学模様を表現する複合技術などを生み出してきた。その生地はネクタイやスカーフ、ドレス、傘などと姿を変え、世界各地で製品化されている。

 講座は、いずみ区民活動支援センターが主催し、この日は40人が参加した。挑戦したのは、幅約30センチ、長さ約1メートルの白地の綿の布に、黒色と朱色の墨を使って描く手描き染め。刷毛や細筆を使って動植物や幾何学模様など、思い思いの作品を仕上げた。

 参加した区内在住の金子ひかるさんは「自分で一つの作品を作ることができるという自信がついた」と感想を話した。
 

山村さん親子と完成した作品を掲げる参加者ら
山村さん親子と完成した作品を掲げる参加者ら

泉区版のローカルニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク