泉区版 掲載号:2018年2月15日号
  • LINE
  • はてぶ

中田の看板お色直し 連合50周年で書体一新

社会

(左から)清水さん、望月さん、嶋村清副会長
(左から)清水さん、望月さん、嶋村清副会長
 中田連合自治会がこのほど、昨年の創立50周年にあわせて約20年利用されてきた中田町会館の看板をリニューアルした。行書体で書かれた看板は同地区在住の書道家・清水六穂さん(本名清水眞司さん)が筆を入れた。

 看板は縦153センチ、幅27センチの一枚板で、会館が落成した1997年4月29日から使用されていたもの。経年劣化により墨で書かれた看板の文字が見えなくなっていた。古くなった看板を見た清水さんが、同連合自治会会長の望月栄さんに書き換えを提案。昨年夏頃から制作が始まり、9月に完成した。

 以前使用されていた看板も清水さんが執筆した。印字で記したような四角い文字で書かれていたものから、今回は行書体を用いた力強く太い文字に変更。そのきっかけは、同会館で開催された落語会でのぼりを見た時。清水さんは、「太く力強いのぼりの字にインスピレーションをもらい、みんなが目につくような太く大きな字を書こうと思った」という。

 さらに、清水さんは一文字ずつノミを使って文字を削り出し、そこに再び墨を入れて立体感のある重厚的な看板に仕上げた。保存性を高めるために、上から塗料を重ねた。

 清水さんは毎日書道展参与や毎日篆刻会の理事などを務める。30代で中田地区に越してきて以来、自治会活動などに参加。会館の看板や記念紙の題字などで協力している。

 望月会長は、「50年の区切りを迎えて会館も新しくなった。これからもたくさんの人が集まる場所として、地域の人に活用してもらいたい」と話した。

泉区版のトップニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク