泉区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

市青指の新シンボル決まる 菅原さんがデザイン

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

 このほど市青少年指導員の新たなシンボルマークに菅原明子さんの作品が採用された。3月4日の泉区青少年フェスティバルでお披露目され、使用されるのは4月1日以降となる予定。

 県青少年指導員制度は1968年に始まり、昨年50周年を迎えた。市はこれを契機に指導員のシンボルマーク一新を計画。昨年7月から10月にかけてデザイン案を募集し、市内で約230点が集まった。その後各区協議会などで検討され、菅原さんの作品が採用されることに決まった。

イチョウがモチーフ

 菅原さんは「地区では子どもたちのために指導員が活発に活動している。何か地域の力になりたいと思った」と振り返る。

 作品は、シンプルさと親しみやすさを重要視したと言い、市民の木であるイチョウの葉がモチーフだ。イチョウのようにまっすぐ伸びやかに子どもたちに成長してほしいという願いを込め、人が両手を広げている様子を重ね合わせた。

 泉区では今後、指導員が着用する制服に新しいマークを付けたものを作成するなどマークの浸透を図っていく予定だという。

 菅原さんは「まさか選ばれると思っていなかった」という。正式な採用が決まった後に市によってマークが一部修正されて、今回のシンボルマークが完成した。「末永く使ってもらえたら嬉しい」と話した。

眼科再開しました

西横浜国際総合病院 TEL:045-871-8855

https://www.nishiyokohama.or.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

ボトル付飲料を共同開発

フェリス生×A.cafe

ボトル付飲料を共同開発 教育

CO2排出削減目指す

6月30日号

5区は泉・戸塚のみに

衆院区割り案

5区は泉・戸塚のみに 政治

瀬谷区が13区へ

6月30日号

広がる「ラジオ体操」の輪

緑園地区

広がる「ラジオ体操」の輪 スポーツ

交流と健康づくり目指し

6月23日号

7月に60回目の公演

劇団年輪

7月に60回目の公演 文化

「失敗」乗り越える姿を表現

6月23日号

土曜の地域食堂「居場所に」

弥生台

土曜の地域食堂「居場所に」 コミュニティ社会

NPO「だんだん」が運営

6月16日号

泉区の魅力を共有

市職員発写真カレンダー

泉区の魅力を共有 文化

好評受け、DL可能に

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook