泉区版 掲載号:2018年5月17日号 エリアトップへ

低糖質のお菓子づくりに取り組む 穴澤 百合子さん 岡津町在住 58歳

掲載号:2018年5月17日号

  • LINE
  • hatena

目標は備蓄できる缶詰製品

 ○…「これからどうなってしまうのだろう」。当時中学2年生だった子どもが体調不良を訴え、医師の診察を受けると、告げられたのは「1型糖尿病」という病名。最初は生活習慣病が関わる2型糖尿病との違いもよく分からなかったが、調べていくうちに若い年代を中心に発症し、糖尿病患者の約5%しかいない珍しい病気だと分かった。

 ○…病気と付き合っていくには血糖のコントロールが不可欠だ。これまでは普通に食べていたものも、息子にとっては命とりになりかねない。食べ盛りで身体も大きくなる子どもに「食事制限の意識ばかりでなく、安心して食べられるものを」と、低糖質の食品を探し回ったが、数も少なく、息子の口に合うものは見つからない。「ないのであれば私が作ろう」

 ○…定期診察の際、担当医師に自身が作った低糖質菓子を見せたところ、「これが必要な人はきっと多いだろう。仕事にできるのではないか」と投げかけられた。ちょうど、息子のケアのためにと、前職を退いていたところ。息子のおやつを作るイメージで商品化に動き始めた。工房確保から販売など試行錯誤の連続だったが「常に周囲の人に助けられた」と振り返る。現在の地に工房を移し約2年。低糖質の焼き菓子工房「あんな」は、横浜初のグルテンフリー&低糖質食品専門店として少しずつ定着。大豆製品やミックス粉が看板商品だ。

 ○…頭の中は常にお菓子のことでいっぱい。目下の目標は、災害備蓄用の低糖質の缶詰づくり。3・11を期にその想いは一層強まった。予算面や規定面などハードルは多いが「当事者や同じ境遇のママたちのためにも」との思いが背中を押す。常温保存半年可能が目安。現在試作の真っただ中。「次の試食が楽しみ」とほほ笑んだ。

眼科再開しました

西横浜国際総合病院 TEL:045-871-8855

https://www.nishiyokohama.or.jp/

<PR>

泉区版の人物風土記最新6

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

西区在住 26歳

6月30日号

宮藤 涼一さん

銅版画(メゾチント)の個展を6月28日から、旭区のサンハートで開く

宮藤 涼一さん

新橋町在住 72歳

6月23日号

金子 公紀(ともただ)さん

5月から泉区シニアクラブ連合会の会長として会をけん引する

金子 公紀(ともただ)さん

岡津町在住 80歳

6月16日号

工藤 達也さん

「泉サポートプロジェクト」のコアメンバーとして活動を推進する

工藤 達也さん

泉区内在住 49歳

6月9日号

井上 こすずさん

マーチング新形態「MIX3」のチャンピオンシップ大会で部門優勝した

井上 こすずさん

中田東在住 14歳

6月2日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

中区山手町在住 60歳

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook