泉区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

四季の会が活動30年目へ 泉の精神保健福祉支える

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
歩みを振り返る内藤理事長
歩みを振り返る内藤理事長

 1989年7月に区民のメンタルヘルスと福祉向上を考え組織された特定非営利活動法人「四季の会」(内藤義幸理事長)。活動はこのほど30年目に突入した。これまでの歩みと今後について、内藤理事長に話を聞いた。

 四季の会は精神障害がある人の日中活動場所である地域活動支援センターを4カ所、住居であるグループホームを3カ所運営。合わせて150人を超す利用者がおり、社会参加の機会提供や生活支援を行っている。

 このほか、地域における相談機関である「泉区生活支援センター」の運営も行っており、各事業者や社会福祉施設、医療機関、行政などと連携しながら利用者をサポート。こちらは400人近い登録数があるという。

 発足当初から変わらない思いは「すべての人々がどんな環境にあっても幸せに生活できるように」。内藤理事長は「私たち地域住民は、精神障害を単に個々の問題とせず、障害があっても豊かに暮らせるよう、社会にある障害を取り除いていくことが大切」と話す。30年前は疾患に対する認知不足や偏見から、精神疾患がある人が地域で暮らすことも容易ではなかった。少しずつ理解が進んできたとは言え、今でも十分でない現状がある。

 利用者らに伝えるのは「地域で親しまれる施設になろう」「あなた方がいるからこのまちは良くなったと言われるようにしよう」で昔から変わらない。信頼関係が理解へとつながると信じている。

 地域の清掃や各種行事参加、あいさつ回りと、利用者らとともに過ごす日々はこれからも変わらず、そして終わりはない。内藤理事長は「会員、自治会町内会、有志などたくさんの方々の理解と協力でたどりついた30年目。これからも地道に確実に活動していきたい」と話している。

泉区版のトップニュース最新6

手渡し型に注意

特殊詐欺

手渡し型に注意 社会

被害総額昨年上回る

6月17日号

今年度課題は「次世代」

泉区地域協議会

今年度課題は「次世代」 社会

各地区代表者で議論

6月17日号

中庭をリニューアル

下和泉地区セン ケアプラザ

中庭をリニューアル 社会

地域交流の拠点目指す

6月10日号

対象拡大し食支援

泉区社協

対象拡大し食支援 社会

学生に加えひとり親にも

6月10日号

小川さんが関東へ

松陽高校陸上部

小川さんが関東へ スポーツ

砲丸投げで同校史上初

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter