泉区版 掲載号:2018年9月27日号
  • LINE
  • hatena

いずみ吟詠会 会長の 杉山 一雄さん 和泉中央北在住 75歳

仲良く、楽しく、正直に

 ○…公益社団法人日本詩吟学院認可の県央岳風会に所属する「いずみ吟詠会」。現在、会員は60歳から90歳までの16人で、月に5回ほど集まり、納吟会や地域の祭りで披露するために日々練習を重ねている。「作者の気持ちを読み取り、いかに歌にのせて表現するか。これが詩吟の醍醐味」と熱く語る。大声で詩を読み上げることは、ストレス解消にもなると言い、心身の健康にもつながっている。

 ○…会長に就任して今年で6年目。大切にしているのは「和を以て貴しとなす」の精神だ。何をやるにも、みんなが仲良くやり、いさかいを起こさないのが「第一歩」と信じている。自分にも人にも正直に、不満があればお互いにそれをぶつけ合い、理解し合うという風通しの良さが会の売り。

「もちろん、楽しさだけで上手くはなりませんが、みな練習時間の半分は笑ってますよ」とにこやか。

 ○…自身が詩吟を始めたのは20年前。元々興味があったことに加え、「古人の悲しみや喜びを心で感じる」魅力に気づいてからは没頭するように。一番好きなのは「李白」の詩。型にとらわれない自由でダイナミックな作風に惹かれている。5年前に師範代を取得してからも「人に教えるためにはまず自分から」と日々、漢文の読み込みや、指導方法の予習を怠らない。

 ○…藤沢市生まれ。泉区に移り住んで45年。昔から好奇心旺盛で、茶道や書道など「気になったらまずやってみる」で知識を蓄えてきた。15年以上所属していた「戸塚歴史の会」では副会長として多くの史跡をガイド。戸塚宿七福神の設立を主導した経験も。現在は詩吟一筋。会員全員で行く旅行が一番の楽しみで「手作り衣装で踊ったり、歌ったり。行事も全力でね」。最後まで絶えない笑顔が印象的だった。

泉区版の人物風土記最新6件

宮田 貞夫さん

区内の各種広報誌の編集で活躍する

宮田 貞夫さん

3月21日号

中嶋 光代さん

泉区ボランティアネットワーク代表を務める

中嶋 光代さん

3月14日号

関口美樹さん

新橋コミュニティハウスでチョークアートの講師を務める

関口美樹さん

3月7日号

鈴木 幸二さん

フォトサークル「オーロラ」の代表

鈴木 幸二さん

2月28日号

加藤 達也さん

横浜市いずみ中央地域ケアプラザの生活支援コーディネーター

加藤 達也さん

2月21日号

三原 一晃さん

横浜DeNAベイスターズの球団代表でチーム編成の最高責任者として舵を取る

三原 一晃さん

2月7日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月21日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

桜愛でる茶屋

旭 区

桜愛でる茶屋

こども自然公園で30日

3月30日~3月30日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク