泉区版 掲載号:2018年11月15日号 エリアトップへ

領家中出身鎌学・児玉さん 県高校駅伝初Ⅴに貢献 別大会では新記録も樹立

スポーツ

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • hatena
競技会で力走を見せる児玉さん(中央)
競技会で力走を見せる児玉さん(中央)

 県高等学校駅伝競走大会が11月4日、山北町丹沢湖周回コースで開催され、領家中学校出身の児玉真輝さんらをメンバーとする鎌倉学園が初優勝を飾った。

 鎌倉学園はこれまで県大会で準優勝13回。全国大会の舞台である「都大路」に、あと一歩のところで届かず涙を飲んできた。試合前、保田進監督は「序盤からペースを上げて走り切ろう」と13人の部員に言葉をかけた。

 出場した7人のうち、1、2年生が6人を占める同チーム。1区を任された2年の児玉さんは「スタートの直前は自分が良い流れをつくらなくてはと、今年一番緊張した」と振り返る。

 号砲が鳴ると監督の言葉通り積極的な走りを見せ、2位に49秒の差を付け、たすきをつないだ。2〜6区もトップを譲らず、最終7区のアンカーが、2位に49秒差を付けゴールした。

中3で長距離に転向

 児玉さんは、県高校駅伝の2週間前、横浜市内で行われた「日本体育大学長距離競技会」男子5000mで14分3秒21をマーク、県高校新記録を樹立している。児玉さんは「練習でも出たことがないタイム」で記録更新をした。

 児玉さんが陸上を始めたのは領家中学1年の時。当初は走り幅跳びの選手だったが、顧問の薦めで中学3年時に長距離走へ。持久力だけでなく戦略的なペース配分も求められる長距離走に魅力を感じ、陸上の強豪校・鎌倉学園に進学した。

 「戸塚区の自宅からは箱根駅伝のエース区間・2区のコースが見える。小さいころから選手たちの力走を直接見て『カッコいいな。いつか自分も』と思っていた」という。今後については「大学でも陸上を続け、箱根駅伝で活躍したい」と笑顔だ。

 鎌倉学園は11月18日に埼玉県での関東大会に出場した後、12月23日、京都市内で行われる全国大会に挑む。

泉区版のトップニュース最新6

広がる「ラジオ体操」の輪

緑園地区

広がる「ラジオ体操」の輪 スポーツ

交流と健康づくり目指し

6月23日号

7月に60回目の公演

劇団年輪

7月に60回目の公演 文化

「失敗」乗り越える姿を表現

6月23日号

土曜の地域食堂「居場所に」

弥生台

土曜の地域食堂「居場所に」 社会

NPO「だんだん」が運営

6月16日号

泉区の魅力を共有

市職員発写真カレンダー

泉区の魅力を共有 文化

好評受け、DL可能に

6月16日号

介護予防に地域活動を

介護予防に地域活動を 社会

区、身近な取組一冊に

6月9日号

中高年向け相談窓口開設

市ひきこもり支援

中高年向け相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook