泉区版 掲載号:2019年3月21日号
  • LINE
  • hatena

新朝日軍と3度目の交流 カナダの日系人野球チーム

社会

 第2次世界大戦前のカナダで活躍した日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日軍」を前身とする少年野球チーム「バンクーバー新朝日軍」が3月16・17日の日程で横浜を訪れ、横浜泉リトルシニアと横浜南ボーイズの選手らと交流を深めた=写真。

 1914年にバンクーバーで結成され、戦争の影響で解散した日系人野球チーム「バンクーバー朝日軍」。高い技術力とフェアプレー精神で戦い、日系社会の誇りとして多くの人から敬愛されるチームだったという。

 2014年に創立100周年を記念し「バンクーバー新朝日軍」が設立。横浜とバンクーバーの姉妹都市提携50周年イヤーの2015年から2年ごとに来訪しており、今回で3度目。16日には俣野公園・横浜薬大スタジアムで合同練習が行われ、新朝日軍からは15人が参加。ウォーミングアップを兼ねた鬼ごっこやユニフォームを交換など、チームと言語の壁を越え、交流を深めた。

 新朝日軍のブレイク・ダラザナさんは「メンバー全員でこの日を楽しみにしていた。後輩たちにもこの経験を伝えていきたい」と話した。

 新朝日軍総監督で今回の日本遠征代表の猪亦功憲(いのまたあつのり)監督は「言葉は通じなくても、プレーで心を通わせることができたのでは」と振り返った。

泉区版のローカルニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク